2018年07月23日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(19)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【自分から話題を振る】
定番の言い出し表現・振りを使いこなす

◆解説◆
Hey,(そうだ、ねえ)、Anyway,(ところで)、So,(それで、ところで、そう言えば)などを文頭に置くと、相手の意識をこちらに向ける効果があります。また、You know what?(あのね)、I have to tell you something.(ちょっと聞いてよ)、Did you hear the good news?(いいこと聞いたんだけど、知ってる?)、You might already know this, but...(知ってるかもしれないけど…)なども便利な振りの定番表現です。

◆例文◆
A: So, did you catch the all-star game last night?
B: Yeah. Actually, I was at the stadium. You should've heard the crowd when Yamamoto won it with that inside-the-park home run!
A: そうだ、昨晩のオールスター戦、見ました?
B: ええ。実は球場で見ていたんです。山本選手がサヨナラ・ランニングホームランを打ったときの観衆のどよめきはすごかったですよ。

2018年07月20日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(18)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【相手の話をうまく引き出す】
インタビュアーに徹する

◆解説◆
あえて「インタビュアー」に徹すると、相手の話を盛り上げる効果があります。ただし、あまり矢継ぎ早に質問をすると、うっとうしいと思われてしまうことも。間に自分の経験や感想を適宜、挟みましょう。

◆例文◆
A: Do you travel much?
B: Yeah. I quite like traveling.
A: So, how many trips do you take a year?
B: I try to go somewhere at least once a year.
A: What countries have you visited?
A: 旅行はよくされますか。
B: ええ、旅行は結構好きですね。
A: それで、年に何回ぐらい旅行されるんですか。
B: 毎年1回はどこかに行くようにしています。
A: 今まで、どんな国に行ったことがありますか。

ee8月号.jpg

2018年07月18日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(17)


このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【相手の話をうまく引き出す】
日本の文化や風習などを話題にする

◆解説◆
日本のことについての、このようななじみのある話題なら、自分に知識がある上に、相手が知らないことを教えてあげられるので、とても盛り上がるでしょう。日頃、ネタ本で仕込んでおくといいです。Do you have anything similar in your country?(あなたの国にも、似たような習慣はありますか)も、いろいろな場面で使えるキーセンテンスとして覚えておきましょう。

◆例文◆
A: Have you heard of oseibo. It's our year-end custom of giving gifts to people who've looked out for us over the past year.
B: That's nice.
A: Is there anything similar in your country?
A: 「お歳暮」って聞いたことありますか。1年の終わりに、その年にお世話になった人たちに贈り物をする日本の習慣なんです。
B: それは素敵ですね。
A: あなたの国にも、似たような習慣はありますか。

ee8月号.jpg

2018年07月16日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(16)


このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【相手の話をうまく引き出す】
相手の予定について質問する

◆解説◆
共通の話題がなかなか見つからない場合、相手の予定について尋ねてみましょう。意外に話が広がっていくことも多いです。会話例のように、「休暇の予定」について聞くパターンは鉄板です。また、Where are you going?(どこに行かれるんですか)と聞いたあとに、What are you going to do there?(そこで何をされるんですか)と聞くというように、5W1Hを最大限に活用するのも、会話を続けるコツの一つです。

◆例文◆
A: When is your company's summer vacation this year?
B: We're off from August 13th to 16th.
A: Do you have plans to go somewhere?
B: I'm going with my family to Disney World in Florida. And yourself?
A: 今年、あなたの会社の夏休みはいつですか。
B: 8月13日から16日まで休みです。
A: どこかに行かれる予定はあるんですか。
B: 家族で、フロリダのディズニーワールドに行く予定です。あなたは?

ee8月号.jpg

2018年07月13日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(15)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【相手の話をうまく引き出す】
あえて自虐を言い、アドバイスを引き出す

◆解説◆
ちょっとした「自虐ネタ」や「困っていること」を打ち明けて、相手のアドバイスを引き出すパターンです。「誰にでも覚えがあること」をチョイスすれば、きっといいリアクションが得られます。I just can't...(とにかく…できないんです)や、I have a bad habit of doing(〜してしまう悪い癖がありまして)などを、自分自身へのいら立ちの気持ちを込めて使ってみましょう。

◆例文◆
A: I have no willpower when it comes to dieting. I try, but...
B: Why don't you find a diet buddy? I've heard that can boost your motivation.
A: 私はダイエットとなると意志が弱くて。挑戦してはみるんですけれど……。
B: ダイエット仲間を見つけてはどうですか。そうすれば、モチベーションが上がるって聞きますよ。

2018年07月11日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(14)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【相手の話をうまく引き出す】
自分の意見や感想をぶつけて、相手の発言を引き出す

◆解説◆
Don't you think...?(…だと思いませんか、…ですよね)と相手に投げかける言い出しパターンは、まずこちらが意見や感想を述べることによって、相手のコメントを引き出すのが狙いです。If you ask me...In my opinion...なども、「私は…だと思う」という意味の言い出し表現になります。

◆例文◆
A: Don't you think there are fewer and fewer good TV shows recently?
B: I do. That's why I rarely watch TV anymore.
A: Me either, especially on weekdays.
A: 最近、面白いテレビ番組がどんどん減っていると思いませんか。
B: そう思います。そのせいでしょうね、僕がこの頃、ほとんどテレビを見なくなったのは。
A: 私もそうなんです、特に平日はね。

ee8月号.jpg

2018年07月09日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(13)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【相手の話をうまく引き出す】
聞かれた質問をオウム返しする

◆解説◆
How about you? / What about you?(あなたはどうですか)は、相手の質問に答えたあと、そのまま「オウム返し」に同じことを質問するときの便利な表現です。相手はたいてい、自分が興味のあることを聞いてくるものなので、こんなふうにオウム返しすると、相手もノリノリで話してくれたりするもの。 And yourself? も、同様に使える便利な表現です。

◆例文◆
A: Do you play any kind of instrument?
B: Yeah-I can play some guitar. How about you?
A: I play piano in an amateur jazz band.
B: Impressive. Where can I see you play?
A: あなたは何か楽器を演奏しますか。
B: ええ、ギターが少し弾けます。あなたは?
A: アマチュアのジャズバンドでピアノを弾いているんですよ。
B: それは素晴らしい。どこであなたの演奏を見られますか。

2018年07月06日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(12)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【相手の話をうまく引き出す】
相手の得意分野について質問する

◆解説◆
自分の得意分野について質問されると、自然と相手も丁寧に説明してくれるものです。Could I ask/get your advice (about...)?(〈…についての〉アドバイスがほしいのですが)などと切り出してから、How can I...?(どうしたら…できますか)といった質問や、I was wondering if I/you could/would...(…できたらと思ってたんですが)などといった文でアドバイスを引き出すと、雑談が盛り上がるはずです。

◆例文◆
A: I run five kilometers every morning.
B: Good for you. How did you get so into it?
A: It was hard at first, but once you get the hang of it, you never want to stop.
A: 私は毎朝5キロ走ってますよ。
B: それはすごいですね。どうしてそこまで入れ込むようになったんですか。
A: 最初はつらかったのですが、慣れてくると、走りたくてたまらなくなるんですよ。

CNN English Express7月号.jpg

2018年07月04日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(11)

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(11)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【会話が弾む「3Aメソッド」その3―Ask】
社会問題について意見を聞く

◆解説◆
Ask は「問題提起」と捉えましょう。What's your take on...? は、相手の意見(見解や解釈)を尋ねる表現で、口語的だが少々スマートな言い方です。このほか、基本的な言い方としては、What do you think about...?/What’s your opinion on...?(…についてどう思いますか)や Are you concerned about...?(…のことは気にかかりますか)など。また、What would you do if...?(…だったらどうしますか)のような「もしも話」を投げかけると、相手の思わぬ一面が明らかになることも。

◆例文◆
A: What's your take on the migrants issue?
B: I think there are no easy solutions, but the current antimigrant mood isn't helping.
A: 移民問題についてどう思いますか。
B: 簡単には解決できない問題だと思いますね。でも、今の反移民的な風潮は解決の助けにはなりませんね。


CNN English Express7月号.jpg

2018年07月02日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(10)

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(10)


このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【会話が弾む「3Aメソッド】その2―Admire】
相手や人の長所を称賛する

◆解説◆
Admire は「感心する」です。You do an excellent job of motivating your staff.(スタッフのやる気を起こさせるのがお上手ですね)や、You're so good at reading maps.(地図を読むのが得意なんですね)のように、相手の長所を積極的にほめたり、尊敬する人物の話をしましょう。

◆例文◆
A: Mark's very charismatic, don't you think?
B: Sure. A lot of people value his opinion.
A: Right. I wish I could be more like him.
A: マークって、すごくカリスマ性があると思いませんか。
B: そうですね。彼の意見にはみんな一目置いています。
A: まさに。もっと彼に近づけたらいいなあ。

CNN English Express7月号.jpg