2018年04月09日

この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現(29)




英語のメールや会話で何かを強調したいとき、いつも very や really ばかりで済ませていないでしょうか。また、意見を言いたいとき、I think ばかり連発していないでしょうか。これらの語や表現は間違いではないが、文や発言に力がなく説得力に欠けがちです。また、同じ言葉の繰り返しは稚拙な印象を与えてしまいます。
このシリーズでは、もう一段階上の英語表現を身につけたいあなたに、さまざまな状況に即した、ネイティブ直伝のインパクトのある表現を取り上げます。実際にどんどん使って、マンネリ英語から脱却しましょう。

●強調の really●
My shoulders are really stiff. → My shoulders are fairly stiff.

◆解説◆
treat someone fairly なら fairly は「公平に、適正に」という意味ですが、fairly complex problem(かなり複雑な問題)のように「かなり、ずいぶん、実に」といった程度の大きさを表すこともあります。ほかに all も強調の意味で使えます。My shoulders have been all stiff lately. といえば、「肩全体が凝っている」ではなく、「最近、すごく肩が凝っている」という意味です。

◆例文◆
A: I think I'll go get a massage tomorrow.
B: Anything in particular bothering you?
A: My shoulders--they've been fairly stiff lately.
A: 明日マッサージに行こうと思って。
B: どこか調子が悪いの?
A: 最近、かなり肩が凝ってるんだ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現(28)




英語のメールや会話で何かを強調したいとき、いつも very や really ばかりで済ませていないでしょうか。また、意見を言いたいとき、I think ばかり連発していないでしょうか。これらの語や表現は間違いではないが、文や発言に力がなく説得力に欠けがちです。また、同じ言葉の繰り返しは稚拙な印象を与えてしまいます。
このシリーズでは、もう一段階上の英語表現を身につけたいあなたに、さまざまな状況に即した、ネイティブ直伝のインパクトのある表現を取り上げます。実際にどんどん使って、マンネリ英語から脱却しましょう。

●強調の really●
be really meant to be... → be totally meant to be...

◆解説◆
totally(完全に、全体として)は、口語では「本当に、とても、すごく」という強調の言葉としてよく使われます。So, he was totally in love with you, then.(つまり、彼は君を本気で愛していたんだね)のように言ったり、カジュアルな会話ではあいづちとして Totally!(本当に!)と単独で使ったりもします。

◆例文◆
A: They fell in love with each other at first sight, and they've been happily married for 40 years now.
B: Wow--they were totally meant to be together.
A: 2人はお互いに一目ぼれで、もう40年も幸せな結婚生活を送っているんだ。
B: へえ、本当に一緒になる運命だったのねえ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現(27)



英語のメールや会話で何かを強調したいとき、いつも very や really ばかりで済ませていないでしょうか。また、意見を言いたいとき、I think ばかり連発していないでしょうか。これらの語や表現は間違いではないが、文や発言に力がなく説得力に欠けがちです。また、同じ言葉の繰り返しは稚拙な印象を与えてしまいます。
このシリーズでは、もう一段階上の英語表現を身につけたいあなたに、さまざまな状況に即した、ネイティブ直伝のインパクトのある表現を取り上げます。実際にどんどん使って、マンネリ英語から脱却しましょう。

●強調の really●
This stew is really good. → This stew is seriously good.

◆解説◆
副詞 seriously(真剣に、深刻にも)は、会話では He is seriously rich.(すごい金持ちだ)のように、真剣さ・深刻さに関係なく「本当に、すごく、マジで」という強調の役割でよく使われます。なお、形容詞 serious も、同様に強調の意味で使われることがあります。

◆例文◆
A: This stew is seriously good.
B: Thanks. It's my grandmother's recipe.
A: このシチュー、すごくおいしいね。
B: ありがとう。おばあちゃんのレシピなの。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現(26)



英語のメールや会話で何かを強調したいとき、いつも very や really ばかりで済ませていないでしょうか。また、意見を言いたいとき、I think ばかり連発していないでしょうか。これらの語や表現は間違いではないが、文や発言に力がなく説得力に欠けがちです。また、同じ言葉の繰り返しは稚拙な印象を与えてしまいます。
このシリーズでは、もう一段階上の英語表現を身につけたいあなたに、さまざまな状況に即した、ネイティブ直伝のインパクトのある表現を取り上げます。実際にどんどん使って、マンネリ英語から脱却しましょう。

●強調の really●
We're really grateful. → We're truly grateful.

◆解説◆
「本当に、偽りなく」という強調の副詞 truly は、「心の底から」と言いたい場面でよく使われます。特に相性がいいのは感謝の気持ちを伝えるときで、メールなどでも I'd truly appreciate it if you could help me.(お力添えいただけると幸いです)などのように書きます。

◆例文◆
A: Thank you for bringing our father to the hospital.
B: Hey, don't worry about it.
A: We're truly grateful.
A: 父を病院に連れてきてくださり、ありがとうございます。
B: いえいえ、気にしないで。
A: 本当に感謝しています。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現(25)



英語のメールや会話で何かを強調したいとき、いつも very や really ばかりで済ませていないでしょうか。また、意見を言いたいとき、I think ばかり連発していないでしょうか。これらの語や表現は間違いではないが、文や発言に力がなく説得力に欠けがちです。また、同じ言葉の繰り返しは稚拙な印象を与えてしまいます。
このシリーズでは、もう一段階上の英語表現を身につけたいあなたに、さまざまな状況に即した、ネイティブ直伝のインパクトのある表現を取り上げます。実際にどんどん使って、マンネリ英語から脱却しましょう。

●会話の受け答え●
I'm fine. → Can't complain.

◆解説◆
(I)Can't complain.(文句は言えない)は、体調や状況について聞かれたときに「順調だ」という返答としてよく使われる口語表現です。主語のIは省略することが多いです。「まあまあだね」と返したい場合には、I'm OK. や Not bad. などがよく使われます。「あまり良くない」と言いたい場合は、Could be better.(もっと良い可能性もあるのに→イマイチだ)といった表現も使われます。

◆例文◆
A: How have you been?
B: Can't complain. And you?
A: I'm great, thanks.
A: 元気だった?
B: 元気、元気。そっちは?
A: 僕も元気にやってるよ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現(25)



英語のメールや会話で何かを強調したいとき、いつも very や really ばかりで済ませていないでしょうか。また、意見を言いたいとき、I think ばかり連発していないでしょうか。これらの語や表現は間違いではないが、文や発言に力がなく説得力に欠けがちです。また、同じ言葉の繰り返しは稚拙な印象を与えてしまいます。
このシリーズでは、もう一段階上の英語表現を身につけたいあなたに、さまざまな状況に即した、ネイティブ直伝のインパクトのある表現を取り上げます。実際にどんどん使って、マンネリ英語から脱却しましょう。

●会話の受け答え●
Yes, please. → That'd be great.

◆解説◆
何らかの申し出に対して That'd be great.(そうしてくれるとたいへんうれしい)と返すと、Yes, please. に比べ、感謝の気持ちがより相手に伝わります。印象が良くなるフレーズとしてビジネスシーンでも使われることが多いので、覚えておきましょう。さらに敬語のニュアンスを込めたいときは、I'd appre-ciate it.(〔そうしてくれたら〕感謝します)と言うとよいです。

◆例文◆
A: Would you like me to print the handouts for the meeting?
B: That'd be great. Thank you.
A: 会議の資料をプリントしましょうか?
B: お願いします。ありがとう。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現(23)



英語のメールや会話で何かを強調したいとき、いつも very や really ばかりで済ませていないでしょうか。また、意見を言いたいとき、I think ばかり連発していないでしょうか。これらの語や表現は間違いではないが、文や発言に力がなく説得力に欠けがちです。また、同じ言葉の繰り返しは稚拙な印象を与えてしまいます。
このシリーズでは、もう一段階上の英語表現を身につけたいあなたに、さまざまな状況に即した、ネイティブ直伝のインパクトのある表現を取り上げます。実際にどんどん使って、マンネリ英語から脱却しましょう。

●会話の受け答え●
Go ahead. → By all means.

◆解説◆
by all means(あらゆる手段を用いて、何としても)は、相手の申し出に対する返事として使うと「もちろんどうぞ、ぜひどうぞ」という意味になります。会話で耳にすることが多い表現です。Go ahead. に比べて相手を尊重しているニュアンスを伴います。ただ、Go ahead. も right(すっかり、直ちに)をつけて Go right ahead. とすると、「遠慮なくどうぞ」という気持ちを表すことができます。

◆例文◆
A: Can I make a suggestion?
B: By all means.
A: In my opinion, you should go with plan B.
A: 意見を言ってもいいですか?
B: もちろん、どうぞ。
A: 僕は、B案で行くべきだと思います。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現(22)



英語のメールや会話で何かを強調したいとき、いつも very や really ばかりで済ませていないでしょうか。また、意見を言いたいとき、I think ばかり連発していないでしょうか。これらの語や表現は間違いではないが、文や発言に力がなく説得力に欠けがちです。また、同じ言葉の繰り返しは稚拙な印象を与えてしまいます。
このシリーズでは、もう一段階上の英語表現を身につけたいあなたに、さまざまな状況に即した、ネイティブ直伝のインパクトのある表現を取り上げます。実際にどんどん使って、マンネリ英語から脱却しましょう。

●会話の受け答え●
That's great. → Good for you!

◆解説◆
英語には、相手についての良いニュースを聞いたときに相手を祝ったりほめたりする表現が豊富です。Good for you! はその代表格ですが、Way to go!(やったね!)も同様の場合によく使われます。また、for you を使った I'm so happy for you.(よかったね)や I'm thrilled for you.(すごいじゃないか)なども非常に英語らしい自然なフレーズです。

◆例文◆
A: Finally, I got higher than 900 on the TOEIC test!
B: Good for you!
A: Thanks. All that study finally paid off.
A: ついに、TOEICのスコアが900点を超えたの!
B: よかったね!
A: ありがとう。がんばって勉強したかいがあったわ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現(21)



英語のメールや会話で何かを強調したいとき、いつも very や really ばかりで済ませていないでしょうか。また、意見を言いたいとき、I think ばかり連発していないでしょうか。これらの語や表現は間違いではないが、文や発言に力がなく説得力に欠けがちです。また、同じ言葉の繰り返しは稚拙な印象を与えてしまいます。
このシリーズでは、もう一段階上の英語表現を身につけたいあなたに、さまざまな状況に即した、ネイティブ直伝のインパクトのある表現を取り上げます。実際にどんどん使って、マンネリ英語から脱却しましょう。

●会話の受け答え●
I can't believe it! → No way!

◆解説◆
信じられないことや許せないことが起きたときによく使われるフレーズが No way!(うそだろう、ありえない)です。There's no way that(〜なんてありえない)という表現からきています。ほかに、You've got to be kidding. や Are you kidding me?(冗談だろ)、Not possible.(ありえない)などもよく使われます。

◆例文◆
A: Takeshi got hired at Orange Corporation.
B: No way! How did that happen?
A: His cousin works in the HR department.
A: タケシがオレンジ社に採用されたそうだよ。
B: うそでしょ? どういういきさつで?
A: 彼のいとこが人事部で働いているんだってさ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現(20)



英語のメールや会話で何かを強調したいとき、いつも very や really ばかりで済ませていないでしょうか。また、意見を言いたいとき、I think ばかり連発していないでしょうか。これらの語や表現は間違いではないが、文や発言に力がなく説得力に欠けがちです。また、同じ言葉の繰り返しは稚拙な印象を与えてしまいます。
このシリーズでは、もう一段階上の英語表現を身につけたいあなたに、さまざまな状況に即した、ネイティブ直伝のインパクトのある表現を取り上げます。実際にどんどん使って、マンネリ英語から脱却しましょう。

●very+形容詞●
a very sexy feeling → a sensual feeling

◆解説◆
sensual は「官能的な、セクシーな」という意味で、sexy より奥深いニュアンスの語です。ただし、I'm feeling sensual. などと言うと、「今すごくセクシーな気分……」と相手を誘っているかのように取られがちなので注意しましょう。

◆例文◆
A: Are you wearing perfume?
B: Yeah. I bought it as a treat for myself. It makes me feel sensual.
A: 香水をつけているの?
B: ええ。自分へのご褒美に買ったの。すごくセクシーな気分にさせてくれるのよ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | この一言で決まる! 『脱マンネリ』表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする