2018年09月07日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(3)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈日付・年代の表現〉

◆Q3◆
She comes every third day.
って、何日おきに来るの?

正解:2日おき(中2日)

◆解説◆
「3日に1度」ということで、9月1日に来たとした場合、次に来るのは9月4日です。「3日おき(中3日)」ならevery fourth dayとなります。「1日おき」の場合は、アメリカではevery other dayをよく使います。イギリス英語では、every second dayも一般的です。ただし、常に数を1つ減らせばいいかというと、さにあらず。Check your temperature every third hour.などと言った場合、体温を測るのはまるまる1時間かかるわけではなく、ほんの1、2分。そのような場合、1時1分にやったことなら、次は4時1分にやるのがevery third hourで、日本語でも「3時間おき」です。違いに注意しましょう。

◆例文◆
A: Our company updates our stock prices on
our Web site every other day.
B: Oh, really? We try to update ours every day.
A: 当社では、ウェブサイト上の市場株価を1日おきに更新し
ています。
B: そうなんですか。当社は毎日更新するようにしていますよ。

2018年09月05日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(2)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈お金の表現〉

◆Q2◆
The budget will be between ten and twelve million dollars.
って言ってたけど、「予算が10ドルから1200万ドルの間」って、幅がありすぎ!?

正解:この場合のten はten dollars ではなくて、ten million dollarsのこと

◆解説◆
between $10 and $12 millionのように表記される
この金額は、「1000万ドルから1200万ドルの間」のこと。
このように、数字を読むときは共通の位や単位を省略する
ことも多いので注意。もちろん、位を省略せずにbetween
ten million and twelve million dollarsと読むことも。

◆例文◆
A: How much will our booth at the expo cost?
B: Between one and three thousand dollars. Is
that within our budget?
A: 博覧会の出展にはいくらかかるの?
B: 1000ドルから3000ドルかかるよ。予算内に収まる?

2018年09月03日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(1)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈お金の表現〉

◆Q1◆
He paid more than 30 grand for that car.
って、彼は車にいくら払ったの?(単位:ドル)

正解:3万ドル1セント以上

◆解説◆
grandは通貨の単位などではなく、thousand、つまり1000の別称で、口語でよく使われます。さらに、1000にはもう一つKという略称もあります。これは1000を表すkiloの省略形です。

◆例文◆
A: It costs over a grand just for an economy
seat to Tokyo, so business class is out of
the question.
B: That’s true, but we still may be able to
afford premium economy seats.
A: 東京まで、エコノミーですら1000ドルじゃきかないんだか
ら、ビジネス・クラスなんてありえないよ。
B: それはそうだけど、プレミアムエコノミー・クラスなら、なん
とかなるかもしれないわよ。

2018年08月31日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(33)


このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

● 総集編7 会話の終わらせ方も大事●

話せてうれしかったことを伝える
◆例文◆
A: It was fun talking with you today.
B: Likewise. It was nice meeting you.
A: The next time you come to Tokyo, I'll show you all the famous tourist attractions.
B: Thank you. I'm looking forward to it.
A: 今日はお話しできて楽しかったです。
B: こちらこそ。お知り合いになれて、うれしかったです。
A: 今度、東京にいらしたときには、いろいろな観光名所を案内しますよ。
B: ありがとうございます。楽しみにしています。

名残惜しいが、時間がないことを伝える
◆例文◆
A: Would you look at the time! I'd love to spend longer talking with you, but if I don't leave now, I'll miss my train.
B: Of course. It was very nice meeting you. Have a safe trip.
A: Thank you.
A: ああ、もうこんな時間!もっと話していたいのですが、もう行かないと電車に乗り遅れてしまうので。
B: どうぞどうぞ。お会いできてよかったです。お気をつけて。
A: ありがとうございます。

少し強引にでも切り上げなければならない時も
◆例文◆
A: You know, that reminds me of one summer when I was in New York and...
B: Listen, I'm terribly sorry, but I really need to be going. I have an appointment at four.
A: Oh, that's too bad.
B: Next time, let's have a drink and pick up where we left off. I'll see you then.
A: ああ、それで思い出したけど、ある年の夏、ニューヨークに行ったときに……
B: あの、大変申し訳ありませんが、本当にもう行かないと。4時に約束があるので。
A: おや、それは残念。
B: 今度はお酒でも飲みながら続きを話しましょう。それでは。

2018年08月29日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(32)


このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

● 総集編6 自分から話題を振る(2)●

スポーツ、イベント、トレンドの話を振る
◆例文◆
A: Do you follow any sports?
B: Not really, but I do some swimming myself.
A: Oh, do you? How often do you swim?
B: About four or five times a week.
A: 好きでずっとチェックしているスポーツは何かありますか。
B: 特にありませんが、自分では水泳をやっています。
A: そうなんですか。どのくらいの頻度で泳ぎますか。
B: 週に4〜5回は泳いでいます。

前に会ったときに話したことに触れる
◆例文◆
A: You said you've got a cat, right?
B: Yes. I have three, actually.
A: I'm thinking of getting one myself.
B: Oh, really? You should! Having a cat in your home is very soothing for the soul.
A: 猫を飼ってるっておっしゃってましたよね。
B: ええ。実は3匹いるんですよ。
A: うちでも飼おうかと思ってるんです。
B: 本当?ぜひおすすめします。猫が家にいると、すごく癒やされますよ。

2018年08月27日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(31)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

● 総集編5 自分から話題を振る(1)●

定番の言い出し表現・振りを使いこなす
◆例文◆
A: So, did you catch the all-star game last night?
B: Yeah. Actually, I was at the stadium. You should've heard the crowd when Yamamoto won it with that inside-the-park home run!
A: そうだ、昨晩のオールスター戦、見ました?
B: ええ。実は球場で見ていたんです。山本選手がサヨナラ・ランニングホームランを打ったときの観衆のどよめきはすごかったですよ。

自分の近況について語る
◆例文◆
A: Lately, I've been into making sweets.
B: Oh, yeah? Sounds like fun.
A: I love it, and I've developed quite a repertoire. Would you like to try some?A: 最近、お菓子作りに凝ってるんですよ。
B: へえ、そうなんですか、楽しそうですね。
A: 楽しいですよ。レパートリーが結構増えましたし。味見してみます?

2018年08月24日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(30)


このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

● 総集編4 相手の話をうまく引き出す(2)●

相手の予定について質問する
◆例文◆
A: When is your company's summer vacation this year?
B: We're off from August 13th to 16th.
A: Do you have plans to go somewhere?
B: I'm going with my family to Disney World in Florida. And yourself?
A: 今年、あなたの会社の夏休みはいつですか。
B: 8月13日から16日まで休みです。
A: どこかに行かれる予定はあるんですか。
B: 家族で、フロリダのディズニーワールドに行く予定です。あなたは?

日本の文化や風習などを話題にする
◆例文◆
A: Have you heard of oseibo. It's our year-end custom of giving gifts to people who've looked out for us over the past year.
B: That's nice.
A: Is there anything similar in your country?
A: 「お歳暮」って聞いたことありますか。1年の終わりに、その年にお世話になった人たちに贈り物をする日本の習慣なんです。
B: それは素敵ですね。
A: あなたの国にも、似たような習慣はありますか。

インタビュアーに徹する
◆例文◆
A: Do you travel much?
B: Yeah. I quite like traveling.
A: So, how many trips do you take a year?
B: I try to go somewhere at least once a year.
A: What countries have you visited?
A: 旅行はよくされますか。
B: ええ、旅行は結構好きですね。
A: それで、年に何回ぐらい旅行されるんですか。
B: 毎年1回はどこかに行くようにしています。
A: 今まで、どんな国に行ったことがありますか。

2018年08月22日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(29)


このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

● 総集編3 相手の話をうまく引き出す(1)●

相手の得意分野について質問する
◆例文◆
A: I run five kilometers every morning.
B: Good for you. How did you get so into it?
A: It was hard at first, but once you get the hang of it, you never want to stop.
A: 私は毎朝5キロ走ってますよ。
B: それはすごいですね。どうしてそこまで入れ込むようになったんですか。
A: 最初はつらかったのですが、慣れてくると、走りたくてたまらなくなるんですよ。

聞かれた質問をオウム返しする
◆例文◆
A: Do you play any kind of instrument?
B: Yeah-I can play some guitar. How about you?
A: I play piano in an amateur jazz band.
B: Impressive. Where can I see you play?
A: あなたは何か楽器を演奏しますか。
B: ええ、ギターが少し弾けます。あなたは?
A: アマチュアのジャズバンドでピアノを弾いているんですよ。
B: それは素晴らしい。どこであなたの演奏を見られますか。

自分の意見や感想をぶつけて、相手の発言を引き出す
◆例文◆
A: Don't you think there are fewer and fewer good TV shows recently?
B: I do. That's why I rarely watch TV anymore.
A: Me either, especially on weekdays.
A: 最近、面白いテレビ番組がどんどん減っていると思いませんか。
B: そう思います。そのせいでしょうね、僕がこの頃、ほとんどテレビを見なくなったのは。
A: 私もそうなんです、特に平日はね。

あえて自虐を言い、アドバイスを引き出す
◆例文◆
A: I have no willpower when it comes to dieting. I try, but...
B: Why don't you find a diet buddy? I've heard that can boost your motivation.
A: 私はダイエットとなると意志が弱くて。挑戦してはみるんですけれど……。
B: ダイエット仲間を見つけてはどうですか。そうすれば、モチベーションが上がるって聞きますよ。

2018年08月20日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(28)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

● 総集編3 会話を盛り上げるリアクション(2)●

【会話が弾む「3Aメソッド」その3―Assume】
相手についてポジティブに推測
◆例文◆
A: Did you know I'll be competing in the national social-dance competition?
B: No. How cool! I bet you practice a lot.
A: I practice after work almost every day.
B: I'm sure it'll pay off. Good luck!
A: 私、今度、社交ダンスの全国大会に出場することになったんですよ。
B: へえ、それはすごい!きっと、すごく練習してるんでしょう?
A: ええ、仕事の後、ほとんど毎日練習しています。
B: きっと努力が実りますよ。がんばって!


【会話が弾む「3Aメソッド」その2―Admire】
相手や人の長所を称賛する
◆例文◆
A: Mark's very charismatic, don't you think?
B: Sure. A lot of people value his opinion.
A: Right. I wish I could be more like him.
A: マークって、すごくカリスマ性があると思いませんか。
B: そうですね。彼の意見にはみんな一目置いています。
A: まさに。もっと彼に近づけたらいいなあ。

【会話が弾む「3Aメソッド」その3―Ask】
社会問題について意見を聞く
◆例文◆
A: What's your take on the migrants issue?
B: I think there are no easy solutions, but the current antimigrant mood isn't helping.
A: 移民問題についてどう思いますか。
B: 簡単には解決できない問題だと思いますね。でも、今の反移民的な風潮は解決の助けにはなりませんね。

2018年08月10日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(27)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

● 総集編2 会話を盛り上げるリアクション(1)●

相手に寄り添って共感する
◆例文◆
A: My computer keeps freezing. It's driving me nuts!
B: That's terrible.
A: They seem to freeze a lot these days.
B: Yeah. I know what you mean.
A: パソコンがフリーズしてばっかりで、頭がおかしくなりそう!
B: それはひどいですね。
A: 最近のパソコンって、フリーズしやすくなったようですね。
B: ええ、よくわかりますよ。

相手を乗せる「促し言葉」を活用する
◆例文◆
A: Yesterday, I ran into an old school friend I hadn't seen for 15 years.
B: Really? And then? How'd it go?
A: Great. We went for a coffee and caught up.
B: Cool. So, just a coffee?
A: Yeah, but we promised to get together again soon.
A: 昨日、昔の学校時代の友達に15年ぶりにばったり会ってね。
B: 本当に?それで?どんな感じでした?
A: よかったですよ。お茶をしに行って、積もる話をしました。
B: いいですね。それで、お茶だけですか。
A: ええ、でも近いうちにまた会う約束をしました。

思い切って“Really?”や“I see.”を捨てる
◆例文◆
A: I recently joined a gym class.
B: Oh, you did? What kind?
A: Yoga. Apart from me, it's all women.
B: Oh, yeah. I can imagine.
A: 最近、フィットネスクラブのコースに通い始めたんです。
B: へえ、そうなんですか。どんなコースですか。
A: ヨガですよ。でも、自分以外は女性ばかりで。
B: ああ、そうでしょうね。

感想を具体的に伝える
◆例文◆
A: When I went to Aomori, I couldn't under-stand the way people spoke.
B: Ha-ha. That's not surprising. Even I don't understand much of that dialect.
A: But the Nebuta festival was awesome.
B: Oh, wow-I'd like to see that at least once.
A: 青森に行ったとき、人々の話している言葉が理解できませんでしたよ。
B: はは。当然ですよ。私でも、青森弁はわからないことが多いんですから。
A: でも、ねぶた祭りは素晴らしかったですよ。
B: へえ、いいですね。私も一度は見てみたいですね。

来週一週間、このブログはお休みです。次回の配信は8/20(月)です。お楽しみに!