2018年09月26日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(11)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈小さな数字(少数・分数)の言い方〉

◆Q11◆
2/3はtwo-thirdsだけど、275/1982のような分数はどう読むの?

正解:275 over 1982、つまり、two hundred (and)seventy-five over one thousand nine hundred(and) eighty-twoと読む

◆解説◆
数字が大きく複雑な場合は、分子も分母も基数(普通の数)で読み、「〜分の」にあたる部分
をoverで表します
。また、前回も確認しましたが、分数は基本的に、分子を基数、分母を序数
で読みます。順序は「分子→分母」なので、日本語とは逆ですね。

【再掲】
1/2 half またはa half または one-half
1/3 a third または one-third
2/3 two-thirds
1/4 a quarter または one-quarter または a fourth または one-fourth
1/100 one-hundredth または a hundredth または one one-hundredth

◆例文◆
A: Thanks to the solar panels I installed, my electricity bill has gone down by a third.
B: That much? Maybe I should get some too.
A: ソーラーパネルを設置してから、電気代が3分の1減りましたよ。
B: そんなに? 私も導入しようかな。

2018年09月24日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(10)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈小さな数字(少数・分数)の言い方〉

◆Q10◆
2/3ってなんて読むの?です

正解:two-thridsと読む

◆解説◆
ここで、分数の読み方を確認しておきましょう。分数は基本的に、分子を基数、分母を序数で読みます。順序は「分子→分母」なので、日本語とは逆ですね。

1/2 half またはa half またはone-half
1/3 a third またはone-third
2/3 two-thirds
1/4 a quarter またはone-quarter またはa fourth またはone-fourth
1/100 one-hundredth またはa hundredthまたはone one-hundredth

◆例文◆
A: How's your new job?
B: Well, my salary's only half what I was earning before,
but I'm able to spend more time with my family, so I'm OK with it.
A: 転職してみてどうですか?
B: そうですね、収入は以前の稼ぎの2分の1になりましたが、
家族と過ごす時間が増えたので、満足しています。

2018年09月21日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(9)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈小さな数字(少数・分数)の言い方〉

◆Q9◆
point one five って、何のこと?

正解:0.15のこと

◆解説◆
小数点(.)は point と読みます。そして、1の位の数字がゼロのときは zero を省略して、小数点から読み始めることができるので、いきなり point から始まっているというわけです。もちろん、zero point one five とも言います。point の前の zero は oh とは読みません。念のため、その他の小数の読み方も確認しておきましょう。
1.05 → one point zero/oh five
23.79 → twenty-three point seven nine
8.321 → eight point three two one

小数点以下の数字は一つずつ読みます。
23.79 を twenty-three point seventy-nine と読んだり、8.321 を eight point three hundred twenty-one と読むことはできません。

◆例文◆
A: Tell us about this quarter ’s earnings.
B: We posted a 15.4[ fifteen point four] percent increase over last quarter.
A: 今期の売上について報告してください。
B: 前期比15.4%増を記録しました。

2018年09月19日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(8)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈数字を使わない数量表現〉

◆Q8◆
within the next fortnight って今から何日以内?

正解:2週間以内

◆解説◆
fortnightはアメリカよりイギリスで日常的に使われる表現で、「2週間」を表します。fourteen nights(14日間)が由来の語です。fortnightの派生語にfortnightlyがあります。「2週間ごとに(副詞)」「2週間ごとの(形容詞)」という意味があり、a fortnightly gatheringなら「2週間に1度開かれる集会」という意味になります。また、fortnightlyは、名詞として「2週間ごとに刊行される刊行物」という意味もあります。

◆例文◆
A: I have to go to Berlin, Milan and London and get back to New York all within the next fortnight.
B: Wow. That's a grueling schedule.
A: この2週間のうちに、ベルリンとミラノとロンドンへ行って、
ニューヨークへ帰ってこなきゃならないの。
B: へえ! 過酷なスケジュールだね。

2018年09月17日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(7)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈数字を使わない数量表現〉

◆Q7◆
「あと1年」をone を使わずに言うと?

正解:another yearと言える

◆解説◆
one more yearとも言えますが、another year
言うのが簡単です。I ’m staying another year.(あと1
年、滞在します)。ちなみに、another womanは文字通り
「もう1人の女性」を表すこともありますが、文脈によって
「(女性の)愛人」の意味になることもあるので注意。

◆例文◆
A: There’s a traffic jam on Sunset Blvd., so the
director won’t be here for another hour or so.
B: In that case, let ’s go over our presentation.
A: サンセット通りが渋滞しているので、役員の方が到着する
まであと1時間ほどかかります。
B: そういうことなら、プレゼンをおさらいしておきましょう。

2018年09月14日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(6)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈確率の表現〉

◆Q6◆
It's ten to one that he ’ll get the job.
って、彼が就職できる確率は高いの? 低いの?

正解: 高い。「彼はほぼ就職できるだろう」の意味

◆解説◆
ten to one は「10対1」を表しており、ここでは勝算が「1に対して10」と、確率が高いことを表しています。
また、ten to one どころか、a hundred to one やa thousand to one のように、対比を大げさにして確率の高いことを強調することもあります。ただし、大きな数の場合、真逆の「確率が非常に低い」「百[千]に一つも〜ない」の意味で使われることが多いので、要注意。そのどちらの意味かは、前後の文やその場の状況で判断する必要があります。なお、nine out of ten(10のうち9→9割がた)でも ten to one とほぼ同じ意味を表せます。

◆例文◆
A: Don't tell me it's going to rain tomorrow. I've been looking forward to this barbecue for weeks.
B: Sorry, but there’s a nine-out-of-ten chance of rain tomorrow.
A: 明日、まさか雨降らないよね? このバーベキュー、何週間も前から楽しみにしていたんだから。
B: 残念だけど、明日は十中八九、雨になるわよ。

2018年09月12日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(5)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈時間・期間の表現〉

◆Q5◆
「**連続で」って、なんて言う?

正解: in a rowやstraightなどを使って言う

◆解説◆
これらはどちらも「連続で」の意味で使われますが、使い方が異なるので見ていきましょう。in a rowは出来事などが「立て続けに」起こるときに使われます。一方、straight は行為や事象がその期間「一度も止まることなく継続している」ことを表します。そのため、I stayed in a capsule hotel for three days in a row.(3日続けてカプセルホテルに宿泊した)は自然な表現ですが、I stayed in a capsule hotel for three days straight. は72時間(3日間)ずっとカプセルホテルに閉じこもっていたかのように聞こえてしまいます。なお、主にスポーツで「連勝中で」と言うときは on a hot (winning) streakが使われます。

◆例文◆
A: I ’ve had three long conference calls in a row today.
B: You must be exhausted!
A: 今日は長い電話会議が立て続けに3つもあったんだ。
B: それはお疲れさま。

2018年09月10日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(4)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈時間・期間の表現〉

◆Q4◆
「20分後にまた集合」って、“ after 20 minutes” ?
それとも“ in 20 minutes”?

正解: in 20 minutes

◆解説◆
例えば、Let's meet back here in 20 minutes.(20分後にまたここに集まりましょう)のように言います。in 今を起点にして「〜後に」という一時点を表す表現です。一方、after は視点が異なり、出来事などの「順序」が重要になります。例えば、After a month,I came back to Tokyo.(1カ月後に帰京した)なら、「1カ月という期間を経た後で」のように、「ある事の後に、別の事が起こる」イメージです。以下の例文では、「今から2週間後」という「現在を起点にした未来の一時点」なの
で、in が使われています。

◆例文◆
A: When are we going to launch our new
advertising campaign?
B: In two weeks.
A: 新しい広告キャンペーンはいつから始めるんですか?
B: 2週間後です。

2018年09月07日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(3)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈日付・年代の表現〉

◆Q3◆
She comes every third day.
って、何日おきに来るの?

正解:2日おき(中2日)

◆解説◆
「3日に1度」ということで、9月1日に来たとした場合、次に来るのは9月4日です。「3日おき(中3日)」ならevery fourth dayとなります。「1日おき」の場合は、アメリカではevery other dayをよく使います。イギリス英語では、every second dayも一般的です。ただし、常に数を1つ減らせばいいかというと、さにあらず。Check your temperature every third hour.などと言った場合、体温を測るのはまるまる1時間かかるわけではなく、ほんの1、2分。そのような場合、1時1分にやったことなら、次は4時1分にやるのがevery third hourで、日本語でも「3時間おき」です。違いに注意しましょう。

◆例文◆
A: Our company updates our stock prices on
our Web site every other day.
B: Oh, really? We try to update ours every day.
A: 当社では、ウェブサイト上の市場株価を1日おきに更新し
ています。
B: そうなんですか。当社は毎日更新するようにしていますよ。

2018年09月05日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(2)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!
これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈お金の表現〉

◆Q2◆
The budget will be between ten and twelve million dollars.
って言ってたけど、「予算が10ドルから1200万ドルの間」って、幅がありすぎ!?

正解:この場合のten はten dollars ではなくて、ten million dollarsのこと

◆解説◆
between $10 and $12 millionのように表記される
この金額は、「1000万ドルから1200万ドルの間」のこと。
このように、数字を読むときは共通の位や単位を省略する
ことも多いので注意。もちろん、位を省略せずにbetween
ten million and twelve million dollarsと読むことも。

◆例文◆
A: How much will our booth at the expo cost?
B: Between one and three thousand dollars. Is
that within our budget?
A: 博覧会の出展にはいくらかかるの?
B: 1000ドルから3000ドルかかるよ。予算内に収まる?