2010年08月16日

心に響く英語の名言(4)



このシリーズでは、人生のさまざまな場面で、私たちを勇気づけ、奮い立たせてくれる英語の名言をご紹介。音読し、会話でも使ってみましょう!


Life is not a spectator sport.
人生は見て楽しむスポーツではない。

■Reebok(リーボック社)のキャッチフレーズ

【 解説 】
リーボック社は、1980年代にエアロビクスシューズの大ヒットで世界的に有名になったスポーツシューズ・メーカー。この文は、同社が1986年にテレビCMで使用したキャッチフレーズです。この言葉はもちろん「スポーツを観戦するだけでなく、リーボックをはいてスポーツをやろう」という自社製品の宣伝のためのものではありますが、さらに深い意味も含んでいます。
「人生は傍観するものじゃない」「人生の傍観者になるな」というのが、このキャッチフレーズのもうひとつのメッセージです。自分の意志で、積極的に人生にかかわっていくべきだ、ということなのです。

【 対話例 】
A: You go rock climbing. I'll just watch.
君はロッククライミングをやりなよ。僕は見てる。

B: “Life is not a spectator sport.”
「人生は見て楽しむスポーツではない」わよ。

A: Where did you hear that?
どこでそんな言葉仕入れてきたんだ?

B:From a commercial, I think.
コマーシャルだったかしら。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に響く英語の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

心に響く英語の名言(3)



このシリーズでは、人生のさまざまな場面で、私たちを勇気づけ、奮い立たせてくれる英語の名言をご紹介。音読し、会話でも使ってみましょう!


If you fear failure, you shall never succeed.
失敗を怖がってばかりでは、前には進めない。

■作者不詳

【 解説 】
「前には進めない」と訳したほうが、日本語としては自然でしょう。「失敗するかもしれない」と物事のマイナス面ばかり考えている消極的な人たちに、声を大にして伝えたい言葉です。Failure is the stepping stone to success.(失敗は成功のもと)ということわざにも同じメッセージが込められています。

【 対話例 】
A: I know I won't pass the test, so I'm not going to take it.
試験に通らないってわかりきってるから、受けないことにするわ。

B: But you studied so hard.
でもあんなに勉強してたじゃないか。

A: I know, but I'm afraid of failing.
そうだけど、落ちるのが怖くて。

B:“If you fear failure, you'll never succeed.”
「失敗を怖がってばかりでは、前には進めない」さ。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に響く英語の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

心に響く英語の名言(2)



このシリーズでは、人生のさまざまな場面で、私たちを勇気づけ、奮い立たせてくれる英語の名言をご紹介。音読し、会話でも使ってみましょう!


People don't care how much you know until they know how much you care.
人というものは、あなたがどれだけ親身になってくれるか知るまでは、あなたにどれだけ知識があろうと気にかけないものだ。

■John C. Maxwell(ジョン・C・マクスウェル)1947〜

【 解説 】
マクスウェルはアメリカで「リーダーシップ論」の権威と評価され、毎年2万5000人以上の企業の管理職を指導している人物です。この名言は主節とその後の接続詞節で careknow が入れ替わっているところがポイントです。

【 対話例 】
A: Do you think I impressed them with my speech?
私の演説に彼らは感動しただろうか?

B: I guess. Now everyone knows you're smart.
まーね。少なくとも、あなたが頭がいいことはわかったでしょうね。

A: What do you mean by that?
それはどういう意味?

B:“People don't care how much you know until they know how much you care.”
「人というものは、あなたがどれだけ親身になってくれるか知るまでは、あなたにどれだけ知識があろうと気にかけないものだ」ってこと。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に響く英語の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

心に響く英語の名言(1)



このシリーズでは、人生のさまざまな場面で、私たちを勇気づけ、奮い立たせてくれる英語の名言をご紹介。音読し、会話でも使ってみましょう!


The time is always right to do what is right.
正しいことをするのに、時を選ぶ必要などない。

■Martin Luther King, Jr.(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア):1929〜1968

【 解説 】
アフリカ系アメリカ人のための公民権運動の偉大な指導者であったキング牧師は、常に非暴力抵抗を主張し、35歳で最年少のノーベル平和賞受賞者となりました。しかし、1968年4月4日、テネシー州メンフィスで暗殺されました。“I have a dream”(私には夢がある)で知られるスピーチはあまりにも有名です。

【 対話例 】
A: Do you think I should have helped him?
彼に手を差し伸べるべきだったかな?

B: I do. He really needed you.
そうね。彼はあなたを本当に必要としていたわ。

A: But...
でも……。

B:“The time is always right to do what is right.”
「正しいことをするのに、時を選ぶ必要などない」ってことよ。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に響く英語の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする