2009年04月15日

ハートが伝わる英会話(8)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 不平をこぼす
【言うのは簡単だけどね/Easier said than done.】

▽会話▽
A: I really hate this room.
  この部屋、本当に嫌なんだよね。
B: Why don't you redecorate it?
  模様替えしたらどう?
A: Easier said than done. I'm almost broke.
  そう言うのは簡単だけどね。ほとんどお金がないんだよ。
B: Just do everything yourself.
  いいから自分で全部やってごらんなさいよ。


▼解説▼
It is easier said than done. の省略形で、「成されるより言われるほうが簡単だ」つまり、「言うはやすし行うは難し」という意味になります。「困ったことを言うねえ」「わかってないなあ」と、相手に対して不平をこぼす場合に使ってみましょう。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

ハートが伝わる英会話(7)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 不平をこぼす
【困ったぞ/We're in big trouble.】

▽会話▽
A: We're in big trouble.
  困ったなあ。
B: Why? What's the matter?
  どうして? 何が問題なの?
A: The car won't start.
  車が動かないんだ。
B: But we have to be at the airport in 20 minutes!
でも、あと20分で空港に行かなきゃならないのよ!


▼解説▼
We're in trouble. と big を伴わない形もよく用いられます。自分が個人的に困った状況であることを言いたいなら、I'm in trouble. になります。「困ったことになった」と独り言のようにつぶやく場合には、problem よりも、trouble を使ったほうがしっくりきます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

ハートが伝わる英会話(6)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 意見に同意する
【私も賛成!/I'll second that.】

▽会話▽
A: There's not enough time to get ready.
  準備をする時間が足りないわ。
B: Let's move the meeting back two weeks.
  会議を2週間先延ばしにしようよ。
A: I'll second that.
私も賛成だわ。
B: OK, I'll let everyone know.
よし、僕がみんなに知らせるよ。


▼解説▼
この second は「2番目の〜」という意味の形容詞ではなく、「発言を支持する」「援助する」「補強する」という意味の動詞になります。日本語の「右に同じ」に近いイメージで、「賛成〜!」というようなややカジュアルな表現になります。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

ハートが伝わる英会話(5)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 意見に同意する
【大賛成!/I couldn't agree more.】

▽会話▽
A: This hotel is beautiful!
  このホテル、すごくきれいだね!
B: I love the view of the ocean.
  海の眺めが最高ね。
A: Why don't we stay here an extra night?
  もう一泊しようか。
B: I couldn't agree more.
大賛成!


▼解説▼
仮定法で、「これ以上ないぐらいに同意する」というニュアンスの表現です。前述の You've got a point. とは異なり、全面的に「手放しで」賛成する場合に使います。相手の言ったことに対して、「まったくその通り」と応じる場合にも使える表現です。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

ハートが伝わる英会話(4)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 意見に同意する
【それも一理ありますね/You've got a point.】

▽会話▽
A: I think we need to sell the car.
  車を売らなければならないと思うんだ。
B: But it's so convenient.
  でも、とっても便利なのに。
A: I know, but parking costs too much..
  ああ、だけど、駐車場代がかかりすぎるからね。
B: You've got a point.
  それもそうね。


▼解説▼
You've got a point. は、「それも一理あるね」と、相手に同調するときによく使われる表現です。That's a good point. (それは確かにそうだ)に比べると、やや消極的な姿勢になります。「まあ、それもそうか」というニュアンスの同意を伝える場合に使ってみましょう。
また「ごもっとも」「それは言えてるね」という意味を持つ Point taken. も日常会話でよく使われる表現なので覚えておくと便利です。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

ハートが伝わる英会話(3)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: ありがとうを伝える
【おかげで助かりました/You saved my life.】

▽会話▽
A: I just heard that Mr. Smith's coming.
  たった今、スミスさんが来るって聞いたわ。
B: Really?
  本当に?
A: You'd better clean up. He's fired people for cluttered desks.
  片づけておいたほうがいいわよ。彼、机が散らかっている人たちをクビにしちゃったんだから。
B: You saved my life.
  おかげで助かったよ。


▼解説▼
You saved my life. は、日本語の「おかげで命拾いしたよ」に近いニュアンスになります。実際は生死にかかわるほどではないので、「おおげさ」な言い方なのですが、ユーモラスな感じでよく使われる表現です。You're a lifesaver. と言い換えることもできます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

ハートが伝わる英会話(2)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: ありがとうを伝える
【長い間、お世話になりました/I'm grateful for all your help over the years.】

▽会話▽
A: I've really enjoyed working here.
  ここの仕事は本当に楽しかったです。
B: Well, we've enjoyed working with you. Please come back for a visit anytime.
  僕たちも、あなたと仕事ができて楽しかった。いつでも遊びに来てくださいね。
A: I'm grateful for all your help over the years.
  長い間、お世話になりました。
B: Thank you.
こちらこそ。


▼解説▼
 I'm grateful for all your help over the years. と言えば長年良くしてもらった相手に、感謝の気持ちを伝えることができます。I'm grateful... と現在形なっているので、「今でもずっと感謝している」という意味になり、良い印象を与えることができます。また I appreciate all your help over the years. などと言い換えることも可能です。
 最後の Thank you. では、you の部分を強く発音することで「こちらこそ感謝しています」という思いをより明確に伝えることができます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

ハートが伝わる英会話(1)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: ありがとうを伝える
【大きな借りができたね/I owe you a big one.】

▽会話▽
A: Is this your wallet?
  これ、君の財布?
B: You found it! Where was it?
  見つけてくれたの! どこにあった?
A: It was outside my house, buried in the snow.
  うちの外で、雪に埋まってたよ
B: I owe you a big one.
大きな借りができたわね


▼解説▼
 相手に「大きな借りができた」という自分の気持ちを伝える I owe you a big one. は、日本語の「借りができた」という表現同様、金銭以外のことについても使うことができます。ここでの one は、漠然とした「借り」を指しています。
 また I owe you a big one. は、I owe you one. / I owe you big. / I owe you. などとも言い換えることができるので、余裕のある人は覚えておいてくださいね。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする