2009年05月30日

ハートが伝わる英会話(28)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気

持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

▼テーマ▼
「相手を励ます」総集編

Hang in there.
  がんばって。

I'm on your side.
  私はあなたの味方だ。

Seize the moment!
  チャンスをつかんで!

【オマケの新表現】
Tomorrow's another day.
  明日があるさ。


▼解説▼
名作映画『風と共に去りぬ』のラストシーンで主人公のスカーレットが口にするセリフとしてよく知られている表現。 Tomorrow is a new day. という言い方もあります。どちらも「明日は今日とは違う日だ」と主張しており、「今日はうまくいかなかったとしても、明日またチャンスがある」という励ましの言葉になっています。


posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

ハートが伝わる英会話(27)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

▼テーマ▼
「断固として断る」総集編

Thanks, but no thanks.
  お気持ちだけで結構です。

Nothing doing.
  絶対に無理。

Not on your life!
  お断りだ!

【オマケの新表現】
Not now.
  今はだめ。

▼解説▼
Not now. は、文字通り「今はだめ」という意味ですが、「いつならいい」ということを示しているわけでもなく、割とあいまいな拒否表現と言えます。ちなみに When's a good time? に対して、Never. と答えると「永久にダメです」という、かなり強烈な意味になります。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

ハートが伝わる英会話(26)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

▼テーマ▼
「ムッとした気持ちを伝える」総集編

Have it your(own)way.
  好きにすれば?

Don't give me that.
  そんなことは聞きたくもない。

Forget it!
  じゃあもういいよ!

【オマケの新表現】
Good riddance.
  せいせいしたよ。


▼解説▼
この Good riddance. は、Good riddance to bad rubbish. という表現を短縮したもの。riddanceは「取り除く」という意味の動詞 rid の名詞形。bad rubbish は、「悪いゴミ、くず」となり、直訳すると「悪いゴミをうまく取り除けた」と、かなり強い意味の言葉になるので、使う時はそれなりの覚悟をした上で、使いましょう。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

ハートが伝わる英会話(25)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

▼テーマ▼
「興味をあらわす」総集編

How exciting!
  すごいね!

Sounds fun.
  いいね。

That's something!
  それはすごい!

【オマケの新表現】
Oh, really?
  へえ、そうなの?


▼解説▼
この Oh, really? は「へえ、そうなの?」「へえ、本当に?」というニュアンスの合いの手になります。Really? だけでもいいのですが、Oh を付けたほうが、より積極的な感じになり、「興味を持ってちゃんと話を聞いている」という姿勢を示すことができます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

ハートが伝わる英会話(24)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

▼テーマ▼
「不平をこぼす」総集編

We're in big trouble.
  困ったぞ。

Easier said than done.
  言うのは簡単だけどね。

Enough is enough.
  もういいかげんにして。

【オマケの新表現】
Give me a break!
  かんべんしてよ!


▼解説▼
break は「休憩」なので、「休憩させてくれ」というのが本来の意味。この意味で使われることもなくはないのですが、ほとんどの場合、このように「かんべんしてくれ!」という意味で用いられます。「いい加減にしてくれ」「冗談はやめてよ」といったニュアンスの表現ですね。同じような意味の That's enough! と言い換えることもできます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

ハートが伝わる英会話(23)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

▼テーマ▼
「意見に同意する」総集編

You've got a point.
  それも一理ありますね。

I couldn't agree more.
  大賛成!

I'll second that.
  私も賛成。

【オマケの新表現】
You can say that again.
  まったくだ。

▼解説▼
直訳すれば「あなたはそれをもう一度言うこともできる」ということですが、「繰り返して言ってもよいくらい、あなたは正しい」という意味で、「まったくだ」「もっともだ」と相手に相づちを打つ場合によく使われます。単なる Yes. よりも、心に響く表現と言えます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

ハートが伝わる英会話(22)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

▼テーマ▼
「ありがとうを伝える」総集編

  I owe you a big one.
  大きな借りができたわね。

  I'm grateful for all your help over the years.
  長い間、お世話になりました。

  You saved my life.
  おかげで助かりました。

【オマケの新表現】
  What would I do without you?
  君なしではどうにもならないよ。


▼解説▼
「君なしじゃ何もできない」といったニュアンスを伝える What would I do without you?。文面だけ見るとなんと大袈裟な、と思うかもしれませんが、誰かに感謝したい時、冗談めかして言ったり、心を込めて笑顔で言ったりと、わりと日常的に使われている表現です。ただ、目上の人や冗談の通じそうにない人に使うのは、控えたほうがいいかもしれません。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

ハートが伝わる英会話(21)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 相手を励ます
【チャンスを逃さないで!/Seize the moment!】

▽会話▽
A: Bob wants to sell his cafe to me.
  ボブが、彼のカフェを僕に売りたがっているんだ。
B: You've always wanted to have your own business.
  いつも自分で商売をやりたがっていたじゃない。
A: I know, but there's a lot of risk.
  うん。でも、リスクも大きいんだ。
B: Seize the moment!
  チャンスを逃さないで!


▼解説▼
seize は動詞で「〜をつかむ」という意味。日本語に直訳すると「機会を捕まえろ」という意味の seize the moment は、「好機を逃さずものにして!」といったニュアンスの励ましの言葉です。Seize the day. といいかえることも出来ます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

ハートが伝わる英会話(20)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 相手を励ます
【私はあなたの味方だ/I'm on your side.】

▽会話▽
A: I sold the stock because he told me to.
  彼がそうしろって言ったから、株を売ったのよ。
B: I know, I heard him.
  知ってるよ、彼に聞いたからね。
A: So why is he angry at me?
  じゃあ、なんで彼は怒ってるの?
B: Who knows? Anyway, I'm on your side.
  さあねえ。とにかく、僕は君の味方だよ。


▼解説▼
直訳すると「私はあなたのそばにいます」となりますが、ここから転じて「側にいて、あなたを助ける」という意味で使われます。また Which side are you on? と言えば、「あなたはどっちの味方なの?」という意味になります。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

ハートが伝わる英会話(19)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 相手を励ます
【がんばれ/Hang in there.】

▽会話▽
A: I'm thinking about quitting.
  辞めようと思ってるんだけど。
B: Why, what's wrong?
  まあ、何が問題なの?
A: My boss is really hard on me.
  上司が僕にとてもつらく当たるんだ。
B: Hang in there. It'll get better.
  くじけずにがんばって。状況は好転するわ。


▼解説▼
テスト勉強している友人から、残業する同僚、入院中の患者さんにいたるまで、あらゆる人に対して使うことができる励ましの言葉です。おなじみの Don't give up! に近いニュアンスで、どちらも「途中で投げ出さないでがんばって!」という意味合いになります。Just hang in there. という言い方もよく使われます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

ハートが伝わる英会話(18)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: きちんと断る
【お断りだ!/Not on your life!】

▽会話▽
A: I'm completely out of money.
  お金が全然ないんだ。
B: Why don't you sell your wedding ring?
  結婚指輪を売ったら?
A: Not on your life! My wife would kill me!
  お断りだ! 妻に殺される!
B: Well, what else do you have?
  じゃあ、ほかに何か持ってるの?


▼解説▼
かなり強い拒絶を表す表現で、不満や怒りを相手に示すことができます。Absolutely not.(絶対にだめ)や Over my dead body.(おれのしかばねを越えていけ → 死んでもいやだ)も、ほぼ同じ意味で使われます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

ハートが伝わる英会話(17)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: きちんと断る
【絶対に無理/Nothing doing.】

▽会話▽
A: I don't know how we're going to finish this on time.
  一体どうやったら、時間通りに終わらせられるか見当もつかないよ。
B: Why don't we work on the weekend?
  週末も働くというのはどうかしら?
A: Nothing doing. I don't work on weekends.
  絶対に無理。僕は週末は働かないんだ。
B: Can't you make an exception?
  例外を作ってもいいんじゃないの?


▼解説▼
Nothing doing. は「何がなんでも絶対に無理だ」というニュアンスの表現です。日本語の「ありえない」などに近い感じで、No way. と言い換えてもいいですね。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

ハートが伝わる英会話(16)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: きちんと断る
【お気持ちだけで結構です/Thanks, but no thanks.】

▽会話▽
A: If you'd like, I can cook dinner for you.
  もしよければ、夕食を作ってあげられるけど。
B: Thanks, but no thanks.
  お気持ちだけで結構です。
A: Are you sure?
  本当に?。
B: Actually, I'm a vegetarian.
  実は、ベジタリアンなんです。


▼解説▼
「結構です」は No thanks. ですが、これだけで断ってしまうと、やや感じの悪い印象を相手に与えてしまう恐れがあります。Thanks, と、ひと言お礼の言葉を述べてから、but no thanks. と断るほうが、相手の気持ちに配慮した表現になります。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

ハートが伝わる英会話(15)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: ムッとした気持ちを伝える
【じゃあもういいよ!/Forget it!】

▽会話▽
A: Could you move this fridge for me?
  この冷蔵庫を動かしてくれない?
B: I'll do it tomorrow.
  明日やるよ。
A: Forget it! I'll do it myself.
  じゃあ、もういいわ。自分でやるから。
B: OK, OK. I'll do it.
  わかった、わかったよ。やるよ。


▼解説▼
Forget it! は「じゃあ、もういいよ」「気にしないで」などという意味で Never mind. もほぼ同じ意味になります。ケンカ腰やぶっきらぼうに言わなければ、「気にしないでいいよ」という意味でも使えます
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

ハートが伝わる英会話(14)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: ムッとした気持ちを伝える
【そんなこと聞きたくもないね/Don't give me that.】

▽会話▽
A: We don't have enough money on hand to pay this bill.
  この請求書を払うには、手持ちのお金では足りないな。
B: Don't give me that. Did you use all the money?
  そんなこと聞きたくないわ。お金を全部使っちゃったの?
A: Don't blame me!
  僕を責めるなよ!
B: You're always buying things.
  いつも買い物ばかりしているじゃない。


▼解説▼
直訳すれば「私にそれをよこすな」ですが、これで「そんなこと言うなよ」という意味になります。相手の言っていることに対して不満や異論があり、聞きたくもないといったときに使う表現です。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

ハートが伝わる英会話(13)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: ムッとした気持ちを伝える
【好きにすれば?/Have it your(own)way.】

▽会話▽
A: My plane leaves at 5:30.
  飛行機は5時半に出るんだ。
B: I think you'd better leave at 4:00.
  4時には出発したほうがいいわよ。
A: No, I can leave at 5:00.
  いや、5時に出れば間に合うよ。
B: Really? Have it your way.
  あら、そう? 好きにしたら?

▼解説▼
「好きにしたら?」「勝手にすれば」というニュアンスの Have it your way. は、やや怒りの込もった、突き放す態度を示すときに使われるひと言です。Have it your own way. とも言い、So be it. もほとんど同じ意味になります。「ご自由にどうぞ」という意味の Suit yourself. も言い方や態度によっては同様のニュアンスで使えます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

ハートが伝わる英会話(12)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 興味をあらわす
【それはすごい!/That's something!】

▽会話▽
A: What a beautiful picture!
  すごくきれいな写真ね!
B: I took this picture just as the bird landed.
  鳥がちょうど止まったところを写したんだ。
A: That's something!
  それはすごいわ!
B: I got first place in a national contest.
  全国コンクールで1等を取ったんだよ。

▼解説▼
That's something! は日本語だと「それは大したものだ!」といった感じになります。直訳の「それは何かだ」に、「それには何かがある」というニュアンスが加わった表現で、特筆すべきものや事柄を褒めたり、認めたりする際によく使われます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

ハートが伝わる英会話(11)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 興味をあらわす
【いいね/Sounds fun.】

▽会話▽
A: On Friday, we're going to the beach.
  金曜日には海へ行くのよ。
B: Sounds fun.
  それはいいねえ。
A: We're going to pick up garbage.
  ごみ拾いをするの。
B: Sounds fun, but I'm busy.
  面白そうだけど、僕は忙しいから。

▼解説▼
Sounds fun. は That sounds fun. の That が省略された形で、楽しそうな話や計画に対して興味を持っていることを示すときによく用いられます。Sounds interesting. とも言います。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

ハートが伝わる英会話(10)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 興味をあらわす
【すごいね!/How exciting!】

▽会話▽
A: Where are you going on your honeymoon?
  新婚旅行はどこに行くつもりなの?
B: We're thinking about Africa.
  アフリカに行こうと思ってるの。
A: Africa? How exciting!
  アフリカ? それはすごいね!
B: We both love adventure.
  2人とも冒険好きだから。

▼解説▼
How exciting! という表現を使えば、たった2語の感嘆文で「すごい!」という気持ちを伝えることができます。ただ、フラットなイントネーションで言うと「へえ」ぐらいの意味になってしまう場合もあるので注意しましょう。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

ハートが伝わる英会話(9)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 不平をこぼす
【もういいかげんにして/Enough is enough.】

▽会話▽
A: Could you lend me 50 dollars?
  50ドル貸してくれない?
B: Again? You never pay me back.
  またかい? 返してくれたことないじゃないか。
A: I will this time.
  今回は返すから。
B: Enough is enough. No more loans.
  もうたくさんだ。もう貸さないからね。

▼解説▼
日本語の「いいかげんにして」「もうたくさんだ」などに近いニュアンスの表現。「十分と言ったら十分だ」ということで、困り切った様子を相手に的確に伝えることができます。
似た表現で (That's) more than enough. というものもありますが、こちらは「十分よりも多い」つまり「十二分」というニュアンスを伝えたい時に使います。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。