2008年07月21日

苦手を克服! 数量の英語表現(16)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


〜年代

1960年代後半にはロングヘアが流行した。

Long hair was fashionable in the late 1960s.

解説>>>「〜年代」は基本的に10年をひと区切りとすることが多い。「1960年代」は1960s で、nineteen sixties と読む。'60s あるいは60s でも通じる。


縦の列

みなさん、縦1列に並んでください。

Everybody, line up in single file, please.

解説>>>縦の列は file という。ちなみに横の列は rank。 「縦1列に並ぶ」はline up behind each otherとも言える。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

苦手を克服! 数量の英語表現(15)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


隔週

このニュースレターは隔週月曜日にお届けします。

This newsletter is sent out every other Monday.

解説>>>every other は「1つ置きの」の意味で、●○●○●○のように並んでいるときの、2つめごとの●、あるいは○を指す。every other Monday は「1週間置きの月曜日」ということから「隔週月曜日」の意味になる。


〜十年

その反政府勢力は30年以上も戦闘を続けている。

The rebels have been fighting for more than three decades.

解説>>>decadeは「10年」、centuryは「100年」、millenniumは「1000年」。いずれも大きな年数をまとめて言うときに使える。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

苦手を克服! 数量の英語表現(14)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


返却期限

本の貸し出し期間は14日間です。

Books are due in 14 days.

解説>>>due は「(返済・貸し出し物などが)返却期限がきて」の意味。「14日後に返却期限がくる」ということなので、時の経過を表す in を使うのが適切である。Books can be taken out/borrowed for 14 days. とも言う。


〜カ月ぶり

妻と私は昨日、何カ月かぶりに一緒に食事した。

Yesterday my wife and I had dinner together for the first time in months.

解説>>>例えば「3カ月ぶりに」は for the first time in three months と言う。はこのままでは文法的に間違っているが、after several months' absence とすれば、「何カ月かの留守の後で」という意味で使える。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

苦手を克服! 数量の英語表現(13)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


〜時ごろ

3時ごろ、うかがいます。

I'll call on you around 3 o'clock.

解説>>>around を使う。at about 3 o'clock のように言うこともある。round about 3 o'clock とも言う。


〜年分

このサイトでは1年分のニュース記事を読むことができる。

This website provides a year's worth of news articles.

解説>>>worth of で「(ある金額・時間)分の」という意味になる。「〜(複数)年分」の場合には、〜years' worth of となることに注意。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

苦手を克服! 数量の英語表現(12)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


(時計が)〜分遅れている

僕の時計は5分遅れている。

My watch is five minutes slow.

解説>>>「(時計が)遅れている」と言う場合は、slow を使う。「僕の時計は1日に5分遅れる」なら、My watch loses five minutes a day. となる。逆に「(時計が)…分進んでいる」「(時計が)…進む」は、それぞれ be...minutes fast、gain...minutesを使う。


1分半

1分半後に覆いを取ってください。

Remove the cover after one and a half minutes.

解説>>>one and a half は複数と考えられるので minutes。a minute and a half とも言う。「1分15秒」は one and a quarter minutes または a minute and a quarter と言う。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

苦手を克服! 数量の英語表現(11)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


1〜2

気温は、通常1000フィート高度が上がるごとに、1〜2℃下がる。

The air temperature normally drops one to two degrees Celsius for each 1,000 feet of altitude.

解説>>>「1〜2」のように、範囲を示す数を表す場合、数字同士を to でつなぐだけでよい。1-2のようにハイフンでつないで表すこともある。for each...(…ごとに)は for every...とも言う。altitude は「高度」の意味。


開始〜分

試合開始9分にベッカムが1点決めた。

Beckham scored a goal nine minutes into the game.

解説>>>「試合開始9分」とは「試合(の中)に入って9分」ということなので、前置詞は「〜の中へ」の意味の into を使う。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

苦手を克服! 数量の英語表現(10)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


(方角)に〜km

その町は首都から南に29kmのところにある。

The town is 29 km south of the capital.

解説>>>距離は方角の前につける。ちなみに「私は来月、北部へ/南部へ/西部へ/東部へ行く」は、I will go up north/down south/out west/back east next month. と言う。ただし、out west/back east は米国にいるときだけ使う。

グラム

この肉は180グラムあります。

This meat weighs 180 grams.

解説>>>うっかり忘れることがあるが、重さの単位も長さの単位と同様に複数形になる。kilogram や ton なども同じ。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

苦手を克服! 数量の英語表現(9)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


(本や文などの)長さ

200ページの本を1カ月では書けないと思います。

I'm afraid I can't write a book 200 pages in length in a month.

解説>>>「(本や文などの)長さ」には length を使う。200 pages in length は200 pages long とも言う。


収容人数

このホールには2000人入ります。

This hall seats 2,000 people.

解説>>>seat には hold や accommodate と同じ意味の動詞用法がある。目的語は通常、収容人数を表す数詞、または数詞つきの名詞。バスや飛行機などのほか、ソファやテーブルなどにも用いる。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

苦手を克服! 数量の英語表現(8)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


平面の縦横

ここに縦5センチ横4センチの顔写真をはってください。

Paste a facial photo measuring 5 cm in height and 4 cm in width here.

解説>>>写真の場合は平面であるから、「縦」は奥行きではなく高さを指す。したがって、height になる。5 cm by 4 cm と言ってもよく、しばしば5cm×4cm のように「×」で示される。この場合の「×」は「by」と読む。


円の直径

この円の直径はどのくらいですか。

What is the diameter of this circle?

解説>>>What の代わりに How long を使ってもよい。「直径」は diameter で、radius は「半径」の意味である。ちなみに円周は circumference と言う。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

苦手を克服! 数量の英語表現(7)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


〜の高さのもの

70センチくらいの高さのテーブルがほしい。

I want a table about 70 centimeters high.

解説>>>「…の高さの物」は普通、something...high と言う。よって「…の高さのテーブル」は a table...high と言えばよい。は about 70 centimeters in height のように、前置詞に in を使えば正しい。


立体の縦横

この調理台は縦横3フィートと5フィートで、約32インチの高さです。

This kitchen table is 3 feet by 5 feet, and about 32 inches high.

解説>>>ペアの言い方は日英で逆順になることもあるが、「縦横」については日英同順。テーブルの場合、縦は奥行きのことで depth/length、横は幅のことで width/breadth と言う。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

苦手を克服! 数量の英語表現(6)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


請求書

ガス代を2万円も請求されて驚いた。

I was astonished to receive a gas bill for as much as 20,000 yen.

解説>>>bill には「紙幣、札」の意味もあるが、ここでは「請求書」。前置詞には、「〜を求めて」の意の for が適切である。as much as は、数詞を含む表現を伴い、多さを強調して「〜ほども多く」の意味になる。


フリーダイヤル

24時間フリーダイヤル1-800-247-7873をご利用ください。

Our 24-hour toll-free number is 1-800-247-7873.

解説>>>toll-free で「無料の」の意味。tax-free(免税の)などと同様に free の「(料金・税金などが)免除された」という意味からきている。米国の場合、フリーダイヤルは「1-800」が番号の頭につくので、1-800 number とも言う。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

苦手を克服! 数量の英語表現(5)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


仕送り

月10万円の仕送りで生活しています。

I live on a monthly allowance of 100,000 yen.

解説>>>allowance は「(定期的な)小遣い」のこと。ここでは、仕送りをさします。


(割合)〜を占める

食費が支出全体の40%を占めています。

Our food expenses account for about 40 percent of our total costs.

解説>>>割合を指して「〜を占める」と言う場合は、account for を使う。「食費」はfood costs とも言う。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

苦手を克服! 数量の英語表現(4)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


〜円足りない

本を買いたかったが、所持金が100円足りなかった。

I wanted to buy a book, but I was 100 yen short.

解説>>>「不足」は short で表し、金額の後につける。「お金が足りなかった」と言いたいなら、I was short of money. となる。


(価格が)〜する

これらのコンピューターは30万円以上します。

These computers cost 300,000 yen or more.

解説>>>「(価格が)〜する」は、cost を使う。sell を使う場合には、These computers sell for+価格という形になる。These computers go for+価格という言い方もよく使う。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

苦手を克服! 数量の英語表現(3)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


お金を借りている

兄に20万円借りている。
I owe my brother 200,000 yen.

解説>>>「A(人)にB(金額)の借りがある」はowe A Bと言う。金額を前に出すとowe B to Aとなり、toが必要となる。「A(人)にB(金額)を借りる」という行為を指す場合は、borrow B from Aとなる。


ぼられる

家のリフォームで3万円以上もぼられた。

We were overcharged by more than 30,000 yen for some home improvements.

解説>>>「ぼられる」は、口語ではget ripped offとも言う。more than 30,000 yenの前のbyは「差額」を表し、「〜だけ」の意。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

苦手を克服! 数量の英語表現(2)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


くずす

20ドル札を5ドル札4枚にくずしてもらえませんか。
Could you break this twenty into four fives ?

解説>>>「くずす、両替する」は普通、break をよく使うが、change A into B の形も使える。twenty は20ドル札のことで、five は5ドル札、10ドル札は ten と言う。「4枚の」の場合は、four を前につけて four fives となる。


預金

彼はその銀行に5万ドルの預金がある。
He has a deposit of $50,000 in the bank.

解説>>>deposit は「預金」の意味。account「口座」と間違いやすいので注意すること。「定期預金」のことは a fixed deposit と言う。上の例文は He has an account with a deposit of $50,000. のように言ってもよい。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

苦手を克服! 数量の英語表現(1)


リスニングにトライ!


時間、お金、長さや重さなど、身の回りには数にまつわる表現がいっぱい。
楽しくリスニングしながら、数量表現をマスターしましょう!


ドル

10万円をドルに両替してください。
I'd like to change 100,000 yen into dollars.

解説>>>一般的な意味の場合、「ドル」は複数形 dollars となる。「ドルで支払う」も pay in dollars 。逆にドルから円の場合には、into yen。yen は単複同形なので、yens とはならない。

おつりを〜円もらう

1万円札を出しておつりを5200円もらった。
I paid with a 10,000 yen bill and got 5,200 yen in change.

解説>>>お札を「出して、使って」は with を使うとよい。pay with a credit card のように、「カードで」の場合も with を使う。「おつり」は change で、「(金額の)おつり」は「金額+in change」で表す。bill は米語、イギリスでは note を使う。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦手を克服! 数量表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする