2017年08月18日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(33)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 総集編1 社会(1) ●
hashtag activist
(SNS上だけの)ハッシュタグ活動家
A:I'm thinking of joining this online group protesting against those Boko Haram abductions in Nigeria.
B:That's just a bunch of hashtag activists. They don't actually do anything to help anyone.
A:ナイジェリアのボコ・ハラムによる誘拐に抗議するオンラインのグループに入ろうと思ってるの。
B:そんなの、ただのハッシュタグ活動家の集まりだよ。誰かを助ける活動なんて、実際には何もやっちゃいないのさ。

welfare queen
社会保障で甘い汁を吸っているヤカラ
A: We've got to stop all these welfare queens from draining our hard-earned tax dollars.
B: They're nothing compared to all the rich business execs and politicians hiding money in offshore accounts to avoid paying taxes.
A: 社会保障を食い物にしているヤカラにわれわれの血税がどんどん使われるのをやめさせなきゃ。
B: 課税逃れのために国外口座にお金を隠している金持ちの企業幹部や政治家連中に比べたら、大したことないわよ。

student debt
学生ローンの負債
A: How am I ever supposed to be able to buy a house someday when I'm up to my eyeballs in student debt?
B: I know what you mean. The economy is getting worse and worse too.
A: 学生ローンの負債でアップアップなのに、いつかマイホームを手に入れるなんてどうやってできるっていうんだい。
B: それ、わかるな。景気も悪くなる一方だしね。

institutional racism
制度的な人種差別
A: America has a black president now, so why are Americans still complaining about racism?
B: Well, first of all, the president is biracial. Second of all, the issue has more to do with institutional racism, which takes more than one election to change.
A: 今やアメリカには黒人大統領がいるっていうのに、まだ人種差別について不平をこぼす人がいるのはどうして?
B: うーん、まず第一に、大統領は黒人だけでなく白人の血も引いている。それに、この問題は制度的な人種差別の側面のほうが大きいから、たった1度の選挙では変わらないだろうね。

2017年08月16日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(32)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 若者言葉 ●
meme
インターネット・ミーム

◆解説◆
meme(ミーム)とは、専門的には「人間(の脳)をメディアとして伝わっていく文化的因子」と定義されますが、若者の間では「インターネット・ミーム」、つまり「ネットではやっている、写真や動画などを中心にしたコンセプトや行動」を指します。例えば planking は「腹ばいで横たわっている写真を撮る」ミームで、トラの上で横たわっていたり、高所で横たわっている写真などが流行しました(Google の画像検索で確認できます)。要するに「はやりの波に乗っかって自分も注目を集める」という一種のお祭り騒ぎです。下の例文は、有名人の有名な写真に文字やセリフなどを入れて面白くする、というミームの話です。

◆例文◆
A: These new memes Sean posted on his Web site are hilarious!
B: Did you see the one about the rapper Weak Will? That's my favorite.
A: ショーンがサイトに上げた新しいミームは最高だね。
B: その中で、ラッパーのウィーク・ウィルの(写真を使った)ミームは見た? あれが一番よかったな。

2017年08月14日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(31)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 若者言葉 ●
on point
素晴らしい、いかした

◆解説◆
on point は「素晴らしい、最高だ、バッチリだ」のようなニュアンスです。This cake is on point.(このケーキは最高だ)のように「おいしい」という意味でも使えます。on fleek もほぼ同じ意味のイディオムです。

◆例文◆
A: You look amazing! Are you headed to Jamie's party?
B: You know it! I just got my hair and nails done, and these new heels I bought are on point!
A: キメてるね。これからジェイミーの家でパーティー?
B: もちろん、そうよ。ヘアスタイルもネイルもバッチリやってもらったし、新調したハイヒールも最高なの。

2017年08月04日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(30)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 若者言葉 ●
whip
自動車

◆解説◆
whip は「ムチ(を打つ)」という意味です。馬車から自動車へと移動手段が変わりつつあった時代に、「車のハンドル操作」を「馬をムチで操る」ことになぞらえて、「車のハンドル」をwhipと呼ぶようになりました。そこからさらに転じて whip が「車」自体を指すようになってきたと考えられます。「自動車を運転する」の意味の動詞としても使われます。

◆例文◆
A: Wanna go for a ride in my new whip?
B: How? You spent all your money on that car, and now you don't even have enough left for gas.
A: 僕の新車でドライブに行かない?
B: どうやって? 車を買うのにお金を使い果たしちゃったから、もうガソリン代すら残ってないんでしょ?

2017年08月02日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(29)


編集部の今日の一言
<Apple Discontinues iPod Nano & Shuffle>


このシリーズでは、
日常会話やSNSではとてもよく使う表現なのに、教科書には載っていない“リアル英会話表現”を4つのカテゴリーにわけてたっぷりとご紹介します。海外のドラマや映画、Twitter や Facebook など、どこかできっと出合う表現ですよ

● 若者言葉 ●
literally
とても、マジで

◆解説◆
literally は「文字通りに」という意味の副詞ですが、この語を「とても」「マジで」「まるで〜のようで」という強調や誇張の意味で使う人が増えています。言葉にうるさい人の中には、この用法を認めない人もいますが、日本語の「ヤバイ」が「すごくいい」という意味で使われるようになったのと同様、言葉の意味は常に変化し続けるものなのです。

◆例文◆
A: It's so hot I'm literally melting.
B: Well, don't melt on my sofa--I just washed the cushion covers.
A: 暑くて暑くて、マジで溶けちゃいそう。
B: でも、私のソファーの上で溶けるのはやめてよね。クッション部分のカバーを洗ったばかりだから。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!

ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。

2017年07月31日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(28)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 若者言葉 ●
curb
(相手を)振る

◆解説◆
curb は名詞で「歩道の縁石」、動詞で「〜に縁石をつける」や「〜を食い止める」などの意味ですが、最近は dump と同じ意味、つまり「(相手を)振る」という意味でも使うようになっています。由来は、ゴミの収集容器を歩道の縁に出すことからでしょうか。

◆例文◆
A: How did things go with that girl you were talking to at the club last night?
B: Sharron? She curbed me so hard I never wanna hear her name again.
A: 昨日の夜、クラブで話していた女の子とはうまくいったの?
B: シャロンのこと? こっぴどく振られてしまったから、もうその名前は耳にしたくないな。

2017年07月28日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(27)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 若者言葉 ●
catch these hands
殴られる

◆解説◆
「これらの手を受ける」、つまり「殴られる」という意味です。比較的使いやすい「脅し文句」として、下の例文のほか、Don’t let me put hands on you.(荒っぽいことをさせないでくれ)や I'm gonna hit you with a two piece.(ワンツーパンチを顔にぶち込んでやるぞ)などを覚えておいてもいいかもしれません。

◆例文◆
A: Hey! You better put my phone down now or you're gonna catch these hands!
B: All right, dude. Chill. I just wanted to see what time it was.
A: おい、おれの携帯を今すぐ下に置け。さもないと一発お見舞いするぞ!
B: わかったから、まあ落ち着いて。今、何時か知りたかっただけよ。

2017年07月26日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(26)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 若者言葉 ●
One's...game is strong.
…が上手である

◆解説◆
His sandwich-making game is strong.(彼はサンドイッチを作るのがうまい)や、My makeup game is strong.(私のお化粧の技術は最高よ)などのように、何らかの技術が優れていることを、game を使ってこのように言い表すことができます。

◆例文◆
A: You wanna play some basketball this evening with me and a few friends?
B: Yeah. But be warned--my ball game is strong.
A: 今夜、友達とバスケをやるんだけど、一緒にどう?
B: いいね。でも気をつけな。ボールを持たせたら、僕はかなりのものだよ。

2017年07月24日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(25)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 若者言葉 ●
crunk
(酔って)ハイになった

◆解説◆
crazy と drunk を合わせた言葉です。あくまでも drunk(酔っぱらっている)ということであり、ドラッグなどの影響で「ハイ」になっているという場合には使えないことに注意しましょう。なお、例文に出てくる Everclear とは、アルコール度数95.6度を誇る「危険な」お酒です。

◆例文◆
A: Any plans for the weekend?
B: Yeah. We're gonna pick up some Everclear and get crunk at Jon's house.
A: Everclear? Be careful with that stuff, yeah?
A: 週末、何か予定あるの?
B: うん。ジョンの家に集まって、エバークリアを飲んでぶっ飛びたいと思ってるんだ。
A: エバークリアですって? そのお酒には気をつけたほうがいいわよ。

2017年07月21日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(24)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 若者言葉 ●
floss
見せびらかす

◆解説◆
ヒップホップの歌の中で生まれた用法で、高い服や宝石などを「ちゃらちゃら見せびらかす」という意味の動詞です。flossy(けばけばしい)という形容詞から生まれたと思われます。

◆例文◆
A: Hey, have you seen Greg? He hasn't been returning my texts lately.
B: Yeah. He's in the hospital. He got caught flossing with his new gold chain in the wrong neighborhood and got mugged.
A: ねえ、グレッグを見かけた? 最近、携帯メールの返事が来ないんだけど。
B: ああ、彼なら入院してるよ。あまり足を踏み入れてはいけないような場所で、新しく買った金のネックレスをこれ見よがしにつけていたら、強盗の被害にあったんだ。

2017年07月19日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(23)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 大統領選・政治 ●
swing state
激戦州

◆解説◆
大統領選挙において「red でも blue でもなく、最終的にどう転ぶかわからない州」のことです。赤と青を混ぜると purple(紫)になることから、purple state という言い方もあります。

◆例文◆
A: I wonder who's going to win this year's presidential election.
B: I think it'll all come down to how the swing states vote.
A: 今年の大統領選は、誰が勝つかな。
B: 結局は、激戦州での投票結果次第だと思うな。

2017年07月17日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(22)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 大統領選・政治 ●
red state
共和党支持者の多い州
blue state
民主党支持者の多い州

◆解説◆
一説には、共和党(Republican Party)のロゴマークが赤、民主党(Democratic Party)のそれが青であることから、このような呼称が用いられるようになったといいます。

◆例文◆
A: Are you originally from a red state or a blue state?
B: I grew up in Indiana, so a red state, I guess.
A: あなたの出身州は、共和党寄りのレッドステートと民主党寄りのブルーステートのどちらですか。
B: インディアナ州で育ったので、まあレッドステートということになるかな。

2017年07月14日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(21)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 大統領選・政治 ●
bleeding-heart liberal
心を痛めているリベラル

◆解説◆
bleeding heart はもともとは「社会の不正に心を痛めている人」という意味ですが、「情に流されやすい人」というニュアンスもあります。bleeding-heart liberal は、保守派の人がリベラルの人のことを揶揄(やゆ)する際によく使われます。

◆例文◆
A: I think we need to stop spending so much money on wars and start spending all of our money on education and social-welfare programs.
B: Jeez, don't be such a bleeding-heart liberal. Things are a little more complicated than you might think.
A: 戦争にたくさんお金を使うのはやめて、教育や社会福祉政策に全部回すようにするべきだと思うわ。
B: まったく、そんな慈善家ぶったリベラルを気取るのはやめなよ。君が思っているより、物事はもう少し複雑なんだよ。

2017年07月12日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(20)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 大統領選・政治 ●
gaffe
失態、失言

◆解説◆
2015年12月の「ミス・ユニバース」で、司会の Steve Harvey 氏が、優勝者の名前を間違えて発表するという gaffe があり、この gaffe という言葉がメディアを賑わせました。新語とは言えないかもしれませんが、政治がらみ、特に大統領選となるとよく使われます。

◆例文◆
A: Did you watch the vice-presidential debates on TV last night?
B: I did indeed. I can't believe a politician in this day and age would make a gaffe like that.
A: 昨夜テレビでやってた副大統領候補者討論会、見た?
B: 見た見た。こんなご時世に政治家があんな失言をするなんて、信じられないよ。

2017年07月10日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(19)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● ビジネス ●
showrooming
(オンラインで購入する前に)実店舗で商品を確認すること

◆解説◆
「購入する前に実物をチェックしたい」という人が、実店舗で現物を見てから、もっと安く買えるオンラインショップを利用するパターンがよくありますが、そのような行為を showrooming と呼びます。反意語の webrooming は、ネットで価格などをいろいろ調査した上で、最終的には実店舗で買うというパターンです。

◆例文◆
A: I really love this electric guitar here.
B: Why don't you buy it? It's on sale.
A: No. I'm just here showrooming. I'm sure I can find it for an even better price on the Internet.
A: このエレキギター、すごく気に入ったよ。
B: 買っちゃえば? 今ならセール中よ。
A: いや、実物をチェックしに来ただけだから。ネットでならきっと、これよりもっと安く買えるよ。

2017年07月07日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(18)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● ビジネス ●
brick-and-mortar
(オンラインショップではなく)実店舗の

◆解説◆
shop を付ければ、brick(レンガ)と mortar(モルタル、セメント)でできた「実店舗」のことです。「オンラインショップ」との対語になっています。e-mail に対して、従来の手紙のことをsnail mail(カタツムリ並みに遅く届くメール)と呼ぶようになったのと似た現象と言えましょう。

◆例文◆
A: It's so hard these days to find decent jeans for an affordable price.
B: I buy all of mine online really cheap.
A: Yeah, but I prefer to try clothes on at a brick-and-mortar shop before buying them.
A: 最近は、なかなか手頃な値段でまともなジーンズを買うことができないね。
B: 私は全部ネットで買ってるけど、かなり安いわよ。
A: うん、でも僕は実店舗で、買う前に試着したいから。

2017年07月05日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(17)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● ビジネス ●
one's comfort zone
快適ゾーン

◆解説◆
one's comfort zone(自分の居心地のいい領域)とは、無理をしなくても自分の持っている skill set だけで楽にやっていける領域のこと。ここから一歩踏み出し、panic zone(パニック・ゾーン)に足を踏み入れなければ、ビジネスパーソンとしての成長は望めないとされています。

◆例文◆
A: How's the new job going?
B: It's been a real challenge. I've never been this far out of my comfort zone before.
A: 新しい仕事、どう?
B: かなり頑張らないとダメなんだ。自分の「快適ゾーン」から、これほど離れたことはなかったね。

2017年07月03日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(16)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● ビジネス ●
skill set
一連の知識や技能

◆解説◆
日本語でも「スキルセット」というカタカナ言葉が定着しつつありますが、ビジネスパーソンが備えている、あるいは何らかの職種に必要とされる「一連の知識や技能」をこのように呼びます。

◆例文◆
A: It looks like you've got just the right skill set for this line of work. You've got the job!
B: Thank you, sir. When can I start?
A: How about tomorrow?
B: That works just fine for me!
A: あなたは、この業種に最適のスキルセットを持っていらっしゃるようですね。採用です。
B: ありがとうございます。いつから働けますか。
A: 明日からでは?
B: 私はまったく構いません。

2017年06月30日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(15)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 健康・医療・娯楽・スポーツ ●
three-peat
3連覇

◆解説◆
「2回繰り返すこと」は repeat ですが、「3回繰り返すこと」は three+repeat をまとめて three-peat というわけです。特にスポーツの分野で「3連覇」という意味でよく使われます。

◆例文◆
A: It looks like the Titans are going to win the championship this year.
B: Yeah, and that would make it a three-peat. With their current lineup, they're all but unstoppable.
A: 今年の優勝はタイタンズになりそうね。
B: うん。そうすると3連覇になるね。あれだけの選手をそろえているから、ほとんど無敵だよ。

2017年06月28日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(14)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 健康・医療・娯楽・スポーツ ●
irritainment
イライラさせられるがつい見てしまう番組や映画

◆解説◆
irritate(イライラさせる)とentertainment(エンターテインメント)を組み合わせた造語です。わざとらしい演出や知的とは言い難い内容など、見ているとイライラしてしまうのに、ついつい見てしまう番組や映画のことです。同様の成り立ちの語に、politics と entertainment を合わせた造語で politainment(政治をネタにしたエンターテインメント)があります。

◆例文◆
A: I can't stand this new reality show. It's so inane and clearly fake. But, for some reason, I can't stop watching.
B: I know exactly what you mean. That's prime irritainment for you.
A: 今度のリアリティー番組は最悪だね。くだらないし、やらせなのが見え見えだ。でもなぜか、見続けてしまうんだよね。
B: うん、それ、すごくわかるわ。これぞ最高の「イラッテインメント」ね。