2016年02月05日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(20)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● プレゼン ●
shoot up(=increase significantly)
急増する、急上昇する

◆解説◆
A car shot out in front of us.(車が急に前に飛び出てきた)で見られる通り、shoot には「急激に動く」という意味があり、これに「上の方に」というニュアンスの副詞 up が組み合わさっています。反対語は shoot down ではなく、nosedive が一般的です。

◆例文◆
Sales shot up by more than 200 percent.
売り上げが200%を上回る急上昇となっています。

2016年02月03日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(19)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● プレゼン ●
drop off(=decline significantly)
急減する

◆解説◆
それだけでも「低下する、減少する」という意味の動詞 drop に、前項でも出てきた「レベルを下げる」というニュアンスの off がセットになっています。

◆例文◆
Sales dropped off by 30 percent.
売り上げがマイナス3割と、急減しています。

2016年02月01日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(18)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● プレゼン ●
level off(=stabilize)
横ばい状態になる

◆解説◆
動詞の level 自体に、「水平にする」の意味がありますが、これと「程度・レベルを下げる」というニュアンスの off の組み合わせです。「レベルを下げる off」は walk off one’s hangover(二日酔いを散歩で軽減する)や sleep it off(横になって酔いをさます)でも見られます。

◆例文◆
As you can see, output fell sharply in June and then leveled off.
ご覧のとおり、生産量は6月に急減し、その後、横ばいに転じています。

2016年01月29日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(17)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● プレゼン ●
start off(=begin)
どんどん進める、勢いよく始める

◆解説◆
ゴルフの tee off、サッカーの kick off でも見られる、「始める」というニュアンスを強める off の組み合わせ。起点から離れていく感じが強められるので、単に start を使うのと比べ、「始めて、どんどん進める」感じがします。

◆例文◆
I'll start off with our company's history.
弊社の沿革から始めていきましょう。

2016年01月27日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(16)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 資料作り ●
wipe out(=delete)
〜を消去する

◆解説◆
この wipe out は物理的に拭き取り(wipe)、跡形もなく取り去る行為から来ていますが、out がもたらす「おしまい」というイメージは、ボクシングの knock out や、「気絶する」の意味の pass out の out と同じです。

◆例文◆
I'm afraid I've wiped out a file. How do I undo this?
まずいわ、ファイルを削除しちゃったみたい。元に戻すにはどうしたらいいの?

2016年01月25日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(15)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 資料作り ●
enter...into(=input...into)
…を〜に入力する

◆解説◆
動詞 enter(入れる)と「中に向けて」を意味する前置詞 into のセットです。この場合、in か into かで迷いますが、普通、一方から他方へという動きが感じられるときや、ここでのノートパソコンのメモリー内の話のように、見聞きできないもののときは into を使うのが普通です。

◆例文◆
Can you enter the sales data into my laptop? Thank you.
俺のノートパソコンに売上データ、入力しておいてくれない? ありがとうね。

2016年01月22日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(14)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 資料作り ●
finish...up(=complete)
…を終わらせる、仕上げる

◆解説◆
「済ます、終える」という意味の動詞 finish と「完了」のニュアンスを強める up のセット。「完了」の up は、会話を打ち切り、会社を解散するときの wind up や、食べ物を平らげるときの eat up でも使われています。

◆例文◆
“When do you think you'll finish up?”“I'll finish it up next week sometime.”
「いつ、終わりそう?」「来週のどこかの時点で終えるつもりだけど」

2016年01月20日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(13)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 資料作り ●
draw up(=draft)
〜を起草する

◆解説◆
「描く、書く」の意味の動詞 draw に、warm up と同様の「これから始める」というニュアンスの up を組み合わせることで、「〜を起草する」という意味合いになります。

◆例文◆
The Legal Department is drawing up a contract.
法務部で契約書を起草している。

2016年01月18日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(12)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 会議 ●
set up(=schedule)
〜を予定に入れる

◆解説◆
動詞 set(設ける、調える)に、「準備する、始める用意をする」というニュアンスの副詞 up のセット。この意味の副詞 up は warm up(準備運動をする)や楽団が音合せするときの tune up(〜を調律する)でも見られます。

◆例文◆
Can we set up a meeting next week to discuss these ideas?
こうした案を検討するため、来週、会議を入れませんか?

2016年01月15日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(11)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 会議 ●
look at(=consider)
〜を検討する、考察する

◆解説◆
look(見る)と対象を示す前置詞 at の組み合わせですが、物理的に何かを見ることに加え、しばしば、観念的に何かを検討対象として取り上げるときに使います。例えば、Now, let's look at our China operations.(それでは、当社の中国での事業を見ていきましょう)

◆例文◆
Let's look at the big picture.
より大局的見地から見よう。

2016年01月13日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(10)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 会議 ●
hammer out(=negotiate)
〜をまとめ上げる、たたき出す

◆解説◆
hammer(金槌で打つ)が、work out(〈問題を〉解決する)でも見られる、「徹底して、完全に」という意味の out と組み合わさることで、「〜をまとめ上げる、たたき出す」という意味合いの言葉になっています。

◆例文◆
We need to hammer out an agreement in three days.
3日以内に合意をまとめ上げる必要がある。

2016年01月11日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(9)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 会議 ●
call off(=cancel)
〜をキャンセルする

◆解説◆
call(呼びかける)と「中止する」というニュアンスの副詞 off の組み合わせで、「〜をキャンセルする」の意味です。この意味の off は、log off(〈システムなどから〉抜ける)、switch off(〜のスイッチを切る)でも見られます。

◆例文◆
I'm afraid something has come up. Can we call off the Monday meeting?
すみません、ちょっと用事が入ってしまいまして。月曜の会議、キャンセルできますか?

2016年01月08日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(8)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● メール ●
sort out(=arrange)
〜を整理する

◆解説◆
コピー機の「ソート」機能からもわかる通り、動詞 sort には「整理する」という意味があります。これに、hand out(〜を配布する)、lay out(〜を配置する)での「配する」というニュアンスの out が組み合わさっています。

◆例文◆
How do you sort out your inbox?
「受信メール」をどのように整理しているんですか?

2016年01月06日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(7)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● メール ●
hear from(=receive communication from)
〜から連絡がある、返事をもらう

◆解説◆
I look forward to hearing from you.(ご返事をお待ちします)という決まり文句からもわかるように、動詞 hear は「相手から連絡を受ける」ことを意味しています。これに連絡の出所を示す from がセットになっています。

◆例文◆
Just a quick note to see if you've heard from Production about the prototype.
プロトタイプの件で、製造部から連絡があったかどうか知りたくて、メールを差し上げました。

2016年01月04日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(6)



このシリーズでは、
ビジネス会話に頻出する句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● メール ●
get back to(=reply to)
〜に折り返し連絡する

◆解説◆
「所定の位置につかせる」の意味の動詞 get と、「元の場所」というニュアンスの副詞 back の組み合わせです。これで、「折り返し返事をする、改めて連絡する」というビジネスで頻繁に使われる定型句になっています。

◆例文◆
Sorry for the delay in getting back to you.
折り返し連絡するのが遅くなってしまい、すみません。

2015年12月25日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(5)



このシリーズでは、
ビジネス英語で使われる頻出句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 電話 ●
copy someone in on(=CC someone on)
(人に)CCで〜をメールする、〜のコピーを送る

◆解説◆
copy someone(〜宛てに写しを回す)に、「メールの中に」という意味を加える副詞 in が入っています。

◆例文◆
Can you copy me in on your email?
君のメール、CCで僕にも送ってくれる?

2015年12月23日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(4)



このシリーズでは、
ビジネス英語で使われる頻出句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 電話 ●
cut...off(=disconnect)
…からの電話を切る

◆解説◆
cut(切る)に、switch off(スイッチを切る)などの off(終わらせる、止める)が組み合わさっています。

◆例文◆
Reception is bad. We might get cut off, I’m afraid.
通信状態が悪いですね、切れてしまうかもしれません。すみませんね。

2015年12月21日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(3)



このシリーズでは、
ビジネス英語で使われる頻出句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 電話 ●
slow down(=go slower)
速度を落とす

◆解説◆
この down は「レベルを下げる」というニュアンス。空調などを弱くするときの turn down に通じます。そこで、「ピッチを緩やかにする」という意味の slow と組み合わせて、「もっとゆっくり話してくれ」の意味になります。

◆例文◆
I’m afraid you’re talking too fast. Can you slow down, please?
すみません、ちょっと早口すぎます。もっとゆっくり話してくれませんか?

2015年12月18日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(2)



このシリーズでは、
ビジネス英語で使われる頻出句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 電話 ●
speak up(=speak louder)
大きな声で話す

◆解説◆
この up は、音響機器の音を上げるときの turn up と同じで、「程度・レベルを上げる」ことを意味しています。

◆例文◆
Can you speak up a bit, please?
もう少し、大きな声で話していただけますか?

2015年12月16日

ビジネス会話で生きる 頻出句動詞を徹底マスター!(1)



このシリーズでは、
ビジネス英語で使われる頻出句動詞表現をご紹介します。句動詞表現は日本人が苦手とする分野のひとつですが、「英文に使われる動詞の3割以上を句動詞が占める」といわれるほど、句動詞は英語の語彙の重要部分を占めています。ぜひ自分のものにして、ネイティブの英語に近づきましょう!

● 電話 ●
put A through to B(=transfer A to B)
Aの電話をBにつなぐ

◆解説◆
「ある状態に置く」という意味のputに、「コミュニケーションに支障なく連絡がつく」という意味の through を組み合わせた形です。 こういう through は、Has the job offer come through?(仕事のオファーは来ましたか?)というふうに使われる come through でも見られます。

◆例文◆
Could you put me through to Overseas Sales?
海外営業につないでもらえますか?