2015年06月10日

使える! 食事・料理の表現(22)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食感 ●

go down smoothly

のどごしがいい

◆解説◆
「のどをスーッと通っていく」ということなので、go down smoothly と表現するとよいです。smoothly の代わりに well や easily としてもいいでしょう。やや説明的になりますが、enjoy the sensation of beer going down the throat(ビールがのどを通っていく感覚を楽しむ)などのように表現することも可能です。

◆例文◆
There’s nothing like a cold beer after a bath! This brand-new XYZ beer goes down really smoothly.
風呂上がりの冷たいビールって最高! 新発売のXYZっていうビール、のどごしがすごくいいよ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

使える! 食事・料理の表現(21)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食感 ●

fluffy

ふんわりした

◆解説◆
fluff(綿毛)の形容詞形の fluffy は、「綿毛に覆われた」「フワフワした」などの意味を持つのですが、パンなどの「ふんわりした」という食感を表すときにも使うことができます。

◆例文◆
I'm not good at baking bread. How do you make fluffy bread? Is it in the way you knead the dough? Anyone?
私、パンを焼くのが下手で…。どうやったら、ふんわり焼けるの? 生地の練り方がポイント? 誰か教えて?

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

使える! 食事・料理の表現(20)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食感 ●

springy

もちもちした

◆解説◆
spring は「バネ」なので、springy は「バネのように弾力性がある」という意味です。食べ物に関して使うと「もちもちした」となります。

◆例文◆
I had gyoza dumplings at ABC's. The skins had a springy texture, and the pork fillings were really juicy!
ABC'sで餃子を食べた。皮はもちもちしていて、中の豚肉もすごくジューシーだった!

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

使える! 食事・料理の表現(19)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食感 ●

soggy

べちゃっとした

◆解説◆
soggy は「ずぶぬれの」「生気のない」などの意味を持つ形容詞ですが、食べ物について用いると、「べちゃっとした」「ふやけた」という意味になります。

◆例文◆
The sandwiches they served at the party were a little soggy, and the lettuce was wilted.
パーティーで出されたサンドイッチは、少しべちゃっとしていた上に、レタスがしおれていました。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

使える! 食事・料理の表現(18)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食感 ●

dry

ぱさぱさした

◆解説◆
食べていると口中の水分を奪われるような「ぱさぱさした」食感を、英語では dry を使って表現します。「〈食べ物などが〉新鮮でない、古くなった」という意味の stale も、stale sandwiches(ぱさぱさのサンドイッチ)のように使うことができます。また、stale cookies / popcorn / rice crackers は「しけたクッキー/ポップコーン/せんべい」、stale beer は「気の抜けたビール」となります。

◆例文◆
Found some doughnuts in the fridge. They must have been a couple of days old, because they were really dry and tasteless.
冷蔵庫にドーナツを見つけた。2、3日たってたんだろう。すごくぱさぱさして、味がなかったから。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

使える! 食事・料理の表現(17)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食感 ●

tender

やわらかい

◆解説◆
肉などが「やわらかい」と言うときに使います。反意語は「硬い」を意味する tough になります。soft も「やわらかい」という意味ですが、こちらは「ぐにゃぐにゃしておいしくない」というニュアンスを含む場合が多いです。

◆例文◆
Had sukiyaki tonight! The beef was so tender that it just melted in my mouth.
今夜は、すき焼きでした! とってもやわらかい牛肉で、口の中でとろけるほどでした。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

使える! 食事・料理の表現(16)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食感 ●

chewy

かみ切れない/〈めんが〉腰のある

◆解説◆
chew(咀嚼(そしゃく)する)の形容詞形です。「chew しなければ食べられない」、つまり「なかなかかみ切れない」「腰のある」という食感を表します。

◆例文◆
My filling came out while I was gnawing on a chewy taffy.
なかなかかみ切れないタフィーをかじっていたら、歯の詰めものが取れてしまった。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

使える! 食事・料理の表現(15)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食感 ●

mushy

ドロドロの

◆解説◆
オートミールのようなもの、あるいは煮崩れた野菜など、「ドロドロして歯ごたえのない状態」を表します。

◆例文◆
Made my first pot-au-feu today! I simmered it for over three hours, so the vegetables got too mushy.
今日、初めてポトフを作りました! 3時間以上煮込んだので、野菜がドロドロになってしまいました。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

使える! 食事・料理の表現(14)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食感 ●

crunchy

サクッとした

◆解説◆
crunch(かみ砕くこと)の形容詞形 crunchy は、「サクサク」「バリバリ」のような、歯ごたえのよさを表します。

◆例文◆
My colleague gave me some chocolate as a souvenir from his overseas trip. It was crunchy and really tasty!
同僚が、海外旅行のおみやげにチョコレートをくれました。サクッとしていて、すごくおいしかった!

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

使える! 食事・料理の表現(13)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●

go barhopping

はしご酒をする

◆解説◆
「はしご酒をする」は、「バーからバーへと飛び移る」ということから、go barhopping と表現します。do a pub crawl も、似た意味を持つ表現の1つです。

◆例文◆
I went barhopping with an old friend of mine last night.
昨晩、旧友の1人とはしご酒をした。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

使える! 食事・料理の表現(12)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●

guzzle

がぶ飲みする

◆解説◆
前回の gulp down は量の多少を問わず、「一気に」というニュアンスですが、guzzleは「たくさんの量を速いペースで続けて飲む」という場合に用います。「味わわずにゴクゴク飲む」というニュアンスが含まれることが多いです。ちなみに、名詞の guzzler(がぶ飲みする人)には、「燃費の悪い車」(ガソリンを「がぶ飲み」する車)という意味もあります。

◆例文◆
I bought two six-packs of beer this afternoon, and it’s all gone already. We guzzled six cans each!
今日の午後に6缶パックのビールを2つ買ったのに、もうなくなった。2人で6缶ずつ飲んじゃったよ!

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

使える! 食事・料理の表現(11)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●

gulp down

一気飲みする

◆解説◆
「威勢よく、一気に飲み干す」というニュアンス。down 自体にも「飲み干す」という動詞の意味があり、He downed the whole glass in one gulp. なら、「彼はグラスを一口で飲み干した」という意味になります。

◆例文◆
In the chugging contest, Jim gulped down a whole jug of beer in five seconds and got a prize!
早飲みコンテストで、ジムがジョッキのビールを一気に5秒で飲み干して、賞を取りました!

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

使える! 食事・料理の表現(10)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●

sip

ちびちび飲む

◆解説◆
高級なお酒や、熱い飲み物など、一気にたくさん飲めないものを「少量ずつ飲む」という意味です。sip を名詞として使って、have / take a sip と言うこともできます。

◆例文◆
The French onion soup was so hot that I had to keep blowing on it and could only sip it.
そのフレンチオニオンスープはすごく熱かったので、フーフー冷ましながら、少しずつしか飲めなかった。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

使える! 食事・料理の表現(9)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●

drink up

飲み干す

◆解説◆
drink に「完全に、すっかり」という意味を持つ up を伴うと、「飲み干す」の意味になります。eat up なら「残さず平らげる」の意味です。

◆例文◆
Chateau Talbot 1998! It took the three of us less than half an hour to drink it up.
1998年もののシャトー・タルボです! 3人で、30分足らずで飲み切っちゃいました。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

使える! 食事・料理の表現(8)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●

smack one's lips

舌鼓を打つ

◆解説◆
「舌鼓」とは「おいしいものを食べたときに舌を鳴らす音」のことを言います。英語ではsmack one's lips(唇を鳴らす)と表現します。

◆例文◆
We smacked our lips over the delicious local delicacies.
僕らはそのおいしい地元料理に舌鼓を打ちました。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

使える! 食事・料理の表現(7)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●


have a bite / take a bite

一口食べる

◆解説◆
「一口食べる」は、have a bite または take a bite と言います。イギリス英語、オーストラリア英語では have a bite、アメリカ英語では take a bite と言うのが一般的です。Let me have a bite. で「味見させて」(=Let me taste it.)という意味になります。似た形の grab a bite(=grab a bite to eat)は「軽く食事をする、食事をサッと済ませる」の意味です。

◆例文◆
I just baked this cake. I know I should have waited till it cooled down a bit, but I had a bite anyway.
さっき、このケーキを焼きました。少し冷めるまで待ったほうがよかったけど、一口味見しちゃった。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

使える! 食事・料理の表現(6)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●

slurp

すすって食べる

◆解説◆
そばなどを「すする」場合に用いる表現です。「音を立てて飲食物を口から取り込む」という意味なので、スープやみそ汁、お茶やコーヒーなどについても使うことができます。

◆例文◆
I made soba for the first time! My boyfriend and I enjoyed slurping it down.
初めてそばを作りました! カレと一緒においしく食べました。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

使える! 食事・料理の表現(5)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●

nibble on

(少しずつ)かじる

◆解説◆
「少量ずつかじって食べる」という場合には、nibble on を使います。名詞の nibble には「ひとかじり分の食べ物」の意味があり、have a nibble of で「〜を一口食べる」となります。

◆例文◆
We nibbled on some cheese while drinking wine.
ワインを飲みながら、チーズをかじった。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

使える! 食事・料理の表現(4)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●

gobble up

ペロリと平らげる

◆解説◆
gobble は「急いで、あるいは、がつがつ食べる」という意味です。「完全に、すっかり」の意味を持つ up を伴うと、「平らげる、食べつくす」といったニュアンスが出ます。gobble like a hog で「豚のようにがっつく」という意味になります。

◆例文◆
My son gobbled up the whole cake in five minutes!
息子はたった5分でそのケーキを丸ごと平らげてしまった!


posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

使える! 食事・料理の表現(3)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●

bolt down

ほとんどかまずに飲み込む

◆解説◆
「急いで食べる、かき込む」ことを表すには、bolt down を使います。直訳的に swallow...quickly without chewing it well/properly とすることもできます。

◆例文◆
My son is so into collecting insects that when he gets home from school, he bolts down his afternoon snack in a matter of seconds and goes right back outside.
息子は昆虫採集にハマっているので、いつも学校から帰ると、おやつをあっという間にたいらげ、またすぐに出ていきます。


posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする