2014年12月22日

会話が「うまく」なる!「食べ物」イディオム(4)



このシリーズでは、
英語の食べ物イディオムの中から、ネイティブがよく使う表現を厳選してご紹介します。日常会話が「うまく」なることはもちろんのこと、洋書を読んだり映画を観たり、CNNニュースを聴くときにも役立ちます!

●「果物」編●

the apple of someone's eye

〜にとって非常にいとしい人


◆解説◆
昔、「瞳、瞳孔」のことを apple と表すことがありました。瞳は視覚の要であり、大切にすべき部位であることから生まれた表現で、特に子どもに対して使われます。日本語の「目の中に入れても痛くない」に似た表現になります。


◆会話例◆
A: Sam and his daughter are so cute together. He really likes being a dad, doesn't he?
サムと娘さん、一緒にいるととてもいい感じね。彼、父親であることが本当に好きなのね。

B: He sure does. You can see that she's the apple of his eye .
たしかに。娘さんをとてもかわいがってることがわかるね。

2014年12月19日

会話が「うまく」なる!「食べ物」イディオム(3)



このシリーズでは、
英語の食べ物イディオムの中から、ネイティブがよく使う表現を厳選してご紹介します。日常会話が「うまく」なることはもちろんのこと、洋書を読んだり映画を観たり、CNNニュースを聴くときにも役立ちます!

●「野菜」編●

be in a pickle

困っている


◆解説◆
直訳は「酢[塩]漬けにされている」になります。オランダ語の in de pekel zitten(漬け汁の中に座っている)の直訳に由来するといわれています。「何とかしなければならないが、どうすればいいかわからない」といった状況や立場を軽い調子で言う場合によく使います。


◆会話例◆
A: I'm in a real pickle. I agreed to give a lecture next week, but it turns out I've got an important business meeting that day.
すごく困ったな。来週、講演をするって引き受けたんだけど、その日は大事な商談が入っているんだった。

B: Yeah, well, the financial industry is like that.
うわっ! どうするつもりなの?

2014年12月17日

会話が「うまく」なる!「食べ物」イディオム(2)



このシリーズでは、
英語の食べ物イディオムの中から、ネイティブがよく使う表現を厳選してご紹介します。日常会話が「うまく」なることはもちろんのこと、洋書を読んだり映画を観たり、CNNニュースを聴くときにも役立ちます!

●「野菜」編●

as cool as a cucumber

冷静沈着で


◆解説◆
キュウリ内部の冷たさにちなんだ表現です。困難な事態や、あわてても当然の状況でさえも冷静さを保っている人について使います。


◆会話例◆
A: I hadn't seen Mark since we broke up, so I thought he might be nervous meeting me again, but he was as cool as a cucumber.
別れてからずっとマークと会ってなかったから、私と再会したら緊張するかもしれないと思ったけど、彼、とても落ち着いてたわ。

B: Yeah, well, the financial industry is like that.
面目を保つために、そういうふりをしていただけなんじゃないかな。

2014年12月15日

会話が「うまく」なる!「食べ物」イディオム(1)



このシリーズでは、
英語の食べ物イディオムの中から、ネイティブがよく使う表現を厳選してご紹介します。日常会話が「うまく」なることはもちろんのこと、洋書を読んだ入り映画を観たり、CNNニュースを聴くときにも役立ちます!

●「野菜」編●

carrot and stick

アメとムチ


◆解説◆
ロバなどの動物に荷車を引かせるのに、ほうびとして目の前に「ニンジン(carrot)」をちらつかせ、動かないときには「棒(sticks)」でたたくことにちなんでいます。


◆会話例◆
A: My company uses the carrot-and-stick approach: great bonuses when you do well but a pink slip if you have a couple of bad months.
うちの会社は「アメとムチ方式」だよ。好成績を上げれば、たっぷりボーナス。でも、2、3カ月ダメなら首だ。

B: Yeah, well, the financial industry is like that.
そうね、まあ、金融業界はそんな感じよね。