2012年07月04日

「副詞」で差をつける! イキイキ英会話のコツ(2)



このシリーズでは、
ナチュラルでいきいきとした英会話に必要不可欠な副詞をご紹介します。
ネイティブライクな表現を目指しましょう!

●副詞を使った返事の表現●

Definitely!
→「もちろん!」


■解説
definitely は、自分の言葉に「絶対の確実性」を込めたいときに用いる副詞です。
通常のセンテンスでは、
He'll definitely come.(彼は確実に来るよ)
のように使います。
下の例のように、シンプルな返事として使えば、Absolutely! と同様に、相手の言ったことを強く肯定して「もちろん!」と言うときのネイティブらしい返事になります。

■会話例
A: Do you like these curtains better than those?
そっちのカーテンよりこっちの方が好きなの?

B: Oh, definitely!
ええ、もちろんよ!


2012年07月02日

「副詞」で差をつける! イキイキ英会話のコツ(1)



このシリーズでは、
ナチュラルでいきいきとした英会話に必要不可欠な副詞をご紹介します。
ネイティブライクな表現を目指しましょう!

●副詞を使った返事の表現●

Absolutely!
→「その通り!」


■解説
日本語でも相手に完全に同意するとき、「その通り!」「もちろんだ!」などと言いますが、それとほぼ同じニュアンスで使えるネイティブらしい言い回しです。
もともと、「絶対に」という意味の副詞から転じてワンワードで使われるようになったもので、特にビジネスシーンで用いられます。
返事以外でも、
I absolutely loved his latest movie!(彼の新作映画、すごく気に入った!)
のように強調の意味で使います。

■会話例
A: We seem to have made a lot of progress today!
今日はすごく仕事がはかどったわね!

B: Absolutely!
その通りだね!