2012年03月16日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(48)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●総集編4●

No way, Jose. You'll wreck it.
とんでもない。君なら壊しちゃうよ。
No way, Jose. 絶対駄目だ、とんでもない

It's rad. Give it to me.
それ、いけてるわよ。ちょうだい。
rad かっこいい

A: How was the concert?
コンサート、どうだった?
B: It was bitchin'.
もう、サイコーだった。
bitchin' すごくいい、最高にいけてる


Jeez. Who's that lady?
わー、あの女の人は誰?
Jeez わー

A: Hi, how about a watch?
こんにちは、時計はいりません?
B: Get lost!
あっちに行ってくれ!
Get lost! / Take a hike! うせろ!

A: Let's put this sofa by the door.
このソファ、ドアのそばに置こうよ。
B: Okey-dokey.
オッケー、わかったわ。
Okey-dokey. オッケー

I've been working all day. I'm dead tired.
一日中働きづめだったから、死ぬほど疲れてるんだ。
dead すごく、ひどく

Where did you get that belt? It's pretty neat.
そのベルト、どこで買ったの?かなりいけてるわ。
neat すてきな、いけてる

It's mega-big.
すっごく大きいんだから。
mega- すごく、超

Yeah. She's going to go bananas.
そう。彼女、怒り狂うだろうなあ。
go bananas 熱狂する、怒る

A: Did you see Mike's motorcycle?
マイクのバイク、見た?
B: Hey, it's pretty phat.
うん。かなりいかしてるわよね。
phat いかした




2012年03月14日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(47)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●総集編3●

I know. She's such a motor-mouth.
そうよね。早口でしゃべる続けるんだもの。
motor-mouth おしゃべり

They kicked butt. They won 10 to 3.
圧勝だよ。10対3でね。
kick butt やっつける、たたきのめす

She's alive and kicking.
ピンピンしているわよ。
alive and kicking ピンピンしている

It looks like a gas-guzzler.
なんか、燃費が悪そうだけど。
gas-guzzler 燃費の悪い車

Yeah, but I got caught with my pants down.
うん。でも、不意打ちを食らっちゃったよ。
get caught with one's pants down 不意をつかれてあわてる

Actually, there's no ammunition.
実は、紙が切れていたんだ。
ammunition トイレットペーパー

I have a honey-do list.
妻に頼まれた雑用がたまってるんだ。
honey-do list 妻が夫にやらせたい週末の仕事リスト

No, it was just a fender-bender.
いや、軽い事故なんだけどね。
fender-bender 軽い自動車事故

It's a real eye-popper.
目を見張るぐらいすごいの。
eye-popper すごいもの、人

You don't want to end up spending time in the cooler, do you?
刑務所に行くはめになりたくはないでしょ?
the cooler 刑務所、留置所

Let's get some antifreeze.
「不凍液」でも飲みに行くとしようか。
antifreeze お酒




2012年03月12日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(46)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●総集編2●

You need some R&R.
少し休みを取ったほうがいいよ。
R&R 休暇

Drink this. It'll help. Bottoms up!
これをのみなよ、きくから。さあ、一気に飲んで!
Bottoms up! さあ飲もう!

No, I don't want to be a rubberneck.
いいえ、野次馬にはなりたくないわ。
rubberneck 野次馬

I hate tearjerkers.
お涙ちょうだいものは嫌いだな。
tearjerker お涙ちょうだいもの

Well, it's back to square one.
うーん、最初からやり直しだな。
be back to square one 振り出しに戻る

Why is she running around like a chicken with its head cut off?
どうして彼女はあんなに大慌てで動き回っているの?
like a chicken with its head cut off 錯乱して、混乱して

She looks like a go-getter.
彼女はやり手みたいね。
go-getter やり手

Why don't you nuke it?
レンジでチンしたら?
nuke レンジで温める

Well, he's kind of a zero.
うーん、なんていうか、いてもいなくても関係ない感じ。
zero 価値のない人、存在感のない人

How about some Japanese sake? It really has a bang.
日本酒はいかが? とても強いわよ。
have a bang 効き目が強い


2012年03月09日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(45)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●総集編1●

Well, she has a bun in the oven.
実は、できちゃったのよ。
have a bun in the oven 妊娠している

No, I'm out of dough.
違うの。金欠なのよ。
dough お金

A: XYZ.
社会の窓が。
B: Oh, how embarrassing!
おっと。恥ずかしい!
XYZ 社会の窓が開いている

A: Where's George?
ジョージはどこ?
B: He's in the john.
トイレですよ。
the john トイレ

I'm in hot water.
ちょっと困ったことになって。
hot water 苦境

It's your ex. She sounds angry.
あなたの元カノからよ。怒ってるみたい。
ex 元恋人・元妻・元夫

A: I need to go to the bathroom.
ちょっとトイレ。
B: Number one or number two?
小? それとも大?
number two / number one トイレの大小

A: What do you want to get?
何を買いたいの?
B: Some new threads.
ちょっと新しい服をね。
threads 服

Come on. It's only $50. That's peanuts.
えー、たった50ドルだよ。ほんのはした金だって。
peanuts わずかなお金

I need to get some winks.
ちょっと寝なきゃ。
get some winks 眠る

This guy did a technicolor yawn on the train.
電車で、男の人が吐いちゃって。
technicolor yawn 嘔吐

I have the runs.
下痢してるんだ。
have the runs 下痢をする



2012年03月07日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(44)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

phat
→「いかした、かっこいい」


■解説
発音は[]です。
pretty, hot and tempting(かわいくてホットで魅惑的な)の頭文字を並べた造語です。

■会話例
A: Did you see Mike's motorcycle?
マイクのバイク、見た?

B: Hey, it's pretty phat.
うん、かなりいかしてるわよね。

A: How did he pay for it?
どうやってお金を工面したのかな。

B: I have no idea.
さあねえ……。



2012年03月05日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(43)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

go bananas
→「熱狂する、怒る」


■解説
猿が目の前にバナナを出されると狂喜することからきました。
go crazyと同じく、「熱狂する、怒る」の意味で使われます。

■会話例
A: What can I do? I broke Mary's favorite mug.
どうしよう。メアリーのお気に入りのカップを割っちゃった。

B: The one with the rabbit on it?
ウサギの絵が書いてあるやつ?

A: Yeah. She's going to go bananas.
そう。彼女、怒り狂うだろうなあ。

B: Mm...I don't know.
うーん、どうしたらいいかしら。




2012年03月02日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(42)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

mega-
→「すごく、超」


■解説
日本でも、「メガマック」「メガ牛丼」などの表現を見るようになってきましたが、英語の mega- も「量が多いこと」を強調するために使われます。
mega 単体ではなく、mega-big などのように、形容詞と組み合わせて使います。

■会話例
A: Henry must be rich. He drives a big car.
ヘンリーはお金持ちだと思う。すごく大きな車を運転してるもの。

B: How big is it?
どのくらい大きいんだい?

A: It's mega-big.
すっごく大きいんだから。

B: I think he just likes big cars.
単にでかい車が好きっていうだけじゃないの。


2012年02月29日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(41)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

neat
→「すてきな、いけてる」


■解説
neatは、本来「きちんとした」という意味ですが、スラングでは「すてきな、いけてる」の意味の感情表現として使います。

■会話例
A: Where did you get that belt?
そのベルト、どこで買ったの?

B: My brother in Texas sent it to me.
テキサスにいる弟が送ってくれたんだ。

A: It's pretty neat.
かなりいけてるわ。

B: He sent me two. Do you want one?
2つ送ってくれたから、1つあげようか?


2012年02月27日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(40)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

dead
→「すごく、ひどく」


■解説
日本語でも「死ぬほど疲れた」と言いますが、英語でも dead を後に続く形容詞の意味を強める副詞として使います。

■会話例
A: Let's go to a movie.
映画に行きましょうよ。

B: No, not tonight.
今夜はだめだ。

A: Come on! We never go anywhere.
行こう! 私たち、どこにも出かけてないじゃない。

B: I've been working all day. I'm dead tired.
一日中働きづめだったから、死ぬほど疲れてるんだ。


2012年02月24日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(39)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

Okey-dokey.
→「オッケー」


■解説
発音は[]。
OK と意味はあまり変わりませんが、親しみを込めた表現として、非常によく使われます。

■会話例
A: Let's put this sofa by the door.
このソファ、ドアのそばに置こうよ。

B: It's kind of in the way there.
そこだと、ちょっと邪魔になるかも。

A: Don't worry. It'll be OK.
そんなことないよ。きっと大丈夫。

B: Okey-dokey.
オッケー、わかったわ。

2012年02月22日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(38)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

Get lost! / Take a hike!
→「うせろ!」


■解説
怒ったとき、いらいらしたときに、ネイティブがついつい使うスラングです。
どちらも「目の前からいなくなってしまえ、消えうせろ」という意味です。
しつこい相手に対して、「構わないでくれ、ほっといてくれ」というニュアンスでも使われます

■会話例
A: Hi, how about a watch?
こんにちは、時計はいりません?

B: Get lost!
あっちに行ってくれ!

A: I'll give you a deal. Only $40.
お安くしますよ。たった40ドルでいいんです。

B: Take a hike!
あっちに行けって!





2012年02月20日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(37)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

Jeez
→「わー」


■解説
感嘆表現のJesusの省略形です。
Jesusをそのまま使うのははばかられますが、Jeez[]なら、比較的使いやすいようです。
驚いたとき、怒ったときなど、いろいろな場面で使われます。

■会話例
A: Jeez. Who's that lady?
わー、あの女の人は誰?

B: She's a professional wrestler.
彼女はプロレスラーなの。

A: I'd better not make her angry.
彼女は怒らせないほうがいいかも。

B: She could put you down in a second.
彼女ならあなたを一瞬でやっつけちゃうでしょうね。


2012年02月17日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(36)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

bitchin'
→「すごくいい、最高にいけてる」


■解説
bitch はスラングの代表格ですが、〜ing形にすると、「すごくいい、すてきな」という
意味の形容詞になり、よく使われます。
一言、Bitchin'! というだけでも、「いいね!」「いけてる!」という感情のこもったあいづちを打つことができます。

■会話例
A: How was the concert?
コンサート、どうだった?

B: It was bitchin'.
もう、サイコーだった。

A: Really? I should have gone.
本当? 私も行けばよかったな。

B: You really missed out.
チャンスを逃しちゃったね。



2012年02月15日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(35)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

rad
→「かっこいい」


■解説
本来はradical(過激な)の略ですが、
今では「かっこいい、いけてる」などの感情表現として使われています。

■会話例
A: I'm going to throw this jacket away.
このジャケット、捨てようと思って。

B: What? Why?
何? どうして捨てちゃうの?

A: I don't like it.
好みじゃないんだ。

B: It's rad. Give it to me.
それ、いけてるわよ。ちょうだい。



2012年02月13日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(34)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

No way, Jose.
→「絶対駄目だ、とんでもない」


■解説
Joseは人名で、正しい発音は[]。
No way[]と、韻を踏んでいます。
Jose 自体には意味はなく、リズミカルな感じにするために挿入されています。

■会話例
A: I need to go to the bank. Can you take me?
銀行に行かなきゃならないんだけど、連れてってくれる?

B: Sorry, I'm busy.
悪いけど、僕は忙しいんだ。

A: Then let me borrow your car.
じゃあ、車を貸して。

B: No way, Jose. You'll wreck it.
とんでもない。君なら壊しちゃうよ。



2012年02月10日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(33)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●思わず笑ってしまうスラング●

antifreeze
→「お酒」


■解説
antifreeze は自動車の「不凍液」のことだが、「お酒」という意味のスラングとして使うことがあります。
寒いときに「身体が凍らないように飲むもの」ということです。
ちなみに、antifreezed は「酔っ払った」という意味のスラングです。

■会話例
A: Can you believe how cold it is?
信じられないぐらい寒いね。

B: I know. I'm freezing.
ええ。寒くて凍えそう。

A: Let's get some antifreeze.
「不凍液」でも飲みに行くとしようか。

B: I know a bar near here.
この近くに知ってるバーがあるの。



2012年02月08日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(32)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●思わず笑ってしまうスラング●

the cooler
→「刑務所、留置所」


■解説
日本語の「クーラー」とは異なり、cooler は、本来「冷却器、保冷庫」の意味です。
その「冷たくて狭い」イメージから、「刑務所」(jail)の意味も生まれました。
the をつけることに注意しましょう。

■会話例
A: What? You ordered beer?
Aren't you the one who's supposed to drive us back home?

え? ビールを頼んだの? 
あなたが、私たちを家まで車で送ってくれることになっていなかった?

B: I know, but...
うん、そうなんだけど……。

A: You don't want to end up spending time in the cooler, do you?
刑務所に行くはめになりたくはないでしょ?

B: OK, OK. Give me a coke then.
わかった、わかった。じゃ、コーラを頼む。



2012年02月06日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(31)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●思わず笑ってしまうスラング●

eye-popper
→「すごいもの、人」


■解説
「目を飛び出させる(pop)ようなもの、人」ということから、「目を見張らせるようなもの、あっと言わせるようなもの」というニュアンスです。
人に対して用いる場合、「ものすごい美人」という意味になることがほとんどです。

■会話例
A: Did you see her diamond ring?
彼女のダイヤの指輪を見た?

B: No, why?
いいや。なんで?

A: It's a real eye-popper.
目を見張るぐらいすごいの。

B: She probably got it from her rich boyfriend.
金持ちの彼氏からもらったんじゃないかな。



2012年02月03日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(30)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●思わず笑ってしまうスラング●

fender-bender
→「軽い自動車事故」


■解説
「フェンダーを曲げる(bend)ぐらいの軽い自動車事故」のことです。
自動車同士の軽い事故を指す場合が多いです。
いわゆる「当たり屋」という意味で使われることもあります。

■会話例
A: I got in a car accident.
自動車事故を起こしちゃって。

B: Oh, no! Was it serious?
まあ、大変! 大きな事故なの?

A: No, it was just a fender-bender.
いや、軽い事故なんだけどね。

B: That's good to hear.
それならよかったわ。


2012年02月01日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(29)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●思わず笑ってしまうスラング●

honey-do list
→「妻が夫にやらせたい週末の仕事リスト」


■解説
honey とは、配偶者や恋人に呼びかけるときに「いとしい人」の意味で使われます。
honey-do list とは、「ねえ、あなた、ここに書いてあることをやってよね」という
リストです。
庭の芝刈り・洗車・家具の修理などが含まれます。

■会話例
A: What are you doing on the weekend?
週末は何をするの?

B: I have a honey-do list.
妻に頼まれた雑用がたまってるんだ。

A: Your wife has you well trained.
奥さんは、あなたをうまいこと教育しているようね。

B: I know...
そうなんだよ……。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。