2008年03月14日

おなじみ表現のびっくりウラ意味!(17)


リスニングにトライ!

英語には、オモテの顔とウラの顔を持つ語やフレーズがたくさん!
そこで、このシリーズでは、頻出のフレーズが持つ、意外な意味をご紹介していきます。
楽しくリスニングしながら、ウラ意味を覚えていきましょう。


That's just what I needed.

オモテの意味:「それは助かるな」

ウラの意味:「それは困ったな」
 A: We have a math exam next week.
   来週、数学の試験があるわよ。

 B: That's just what I needed.
   それは困ったなあ。

⇒ 本来は「それを待ってたんだよ、助かった」という意味であるが、皮肉として使う場合、「困ったなあ」という意味になる。


white elephant

オモテの意味:「白い象」

ウラの意味:「無用の長物」
◎ That new building is a white elephant. It's located in such a remote place that nobody ever goes there.
   新しいビルは無用の長物だ。あまりに辺ぴなところにあるので、誰もそこに行かないんだ。

⇒昔、タイの国王が気にいらない家来に、飼育に非常に金のかかる白い象を与えて経済的な負担を負わせたという故事から。「始末に困るもの」というニュアンスがある。


posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | おなじみ表現のびっくりウラ意味! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!!
いやぁクオリティーの高さに驚きました。
とってもいい番組ですねw
僕もネットラジオをやっているのですが、
色々参考にさせて頂きます!
もしよかったら、一度聞いてみてください!
http://savenihon.cocolog-nifty.com/blog/
でわ、また来ますね!
次回の更新が楽しみですよ〜
Posted by yuu at 2008年03月16日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック