2008年03月10日

おなじみ表現のびっくりウラ意味!(15)


リスニングにトライ!

英語には、オモテの顔とウラの顔を持つ語やフレーズがたくさん!
そこで、このシリーズでは、頻出のフレーズが持つ、意外な意味をご紹介していきます。
楽しくリスニングしながら、ウラ意味を覚えていきましょう。


air

オモテの意味:「空気」
◎ The air was kind of stuffy.
   空気が少しよどんでいた。

ウラの意味:「放送」
◎ This series has been on the air for seven years.
   このシリーズは7年放送され続けている。

⇒「放送」という意味で使う場合は必ず the air の形になる。air にはほかにも「雰囲気;様子」などの意味がある。また、動詞としても「〜を放送する;〜を公表する」などの意味がある。


posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おなじみ表現のびっくりウラ意味! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック