2007年11月23日

英語のオモシロ慣用句(21)

タイトル:英語のオモシロ慣用句(21)



「英語の表現の幅を広げ、表現力をグンと豊かしたい!」
今回も、そんな学習者に持ってこいのオモシロ慣用句を紹介していきます。
ピックアップするフレーズは、英会話で使ってみたくなるものばかりです。

今回も難易度 D の慣用句を紹介します。頑張ってリスニングしていきましょう!

--------------
難易度 D
--------------

★★話半分に/割り引いて
→【 with a grain of salt

「そのまま食べずに、塩をひとつまみ加えたほうがいい」という意味。

A: Her story sounds too good to be true.
  彼女の話はなんだかうますぎるな。
B: You'd better take her words with a grain of salt. She's good at stretching the truth.
  彼女の言うことは話半分に聞いておいたほうがいいわよ。話を大きくするのがうまいから。
A: Ok, if you say so.
  そうするよ。君がそう言うならね。


★★若いころは
→【 in one's salad days

シェークスピアの戯曲のセリフに由来する表現。サラダは green(未経験の、未熟な)を示唆している。

A: Back in our salad days, we used to live in a small apartment.
  若いころは、狭いアパートに住んでいたんだ。
B: But now you're rich and have a luxurious mansion.
  でも今ではお金持ちになって、豪邸に住んでいらっしゃいますね。


posted by 朝日出版社 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のオモシロ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック