2007年08月29日

会話が弾む魔法のフレーズ!!(14)

タイトル:会話が弾む魔法のフレーズ!!(14)


----------------------------
断る/否定する
----------------------------

今回も引き続き、会話相手に断るときや否定するときの表現を学んでいきましょう!


【 No chance. 】
 「絶対に無理」

A: Do you think we can finish this job in two hours?
  あと2時間でこの仕事を終えられるかしら?
B: 【 No chance. 】It'll take at least another five hours!
  絶対に無理。少なくともあと5時間はかかるよ!
A: I agree. I think we need to ask somebody else for help.
  そうね。誰かほかの人に手伝ってもらわないとだめかも。

◆ There is no chance (that...)を省略した形。 Not a chance. も類似表現で「絶対に無理」と、かなり強めに断るときの表現。 No chance at all. とすると可能性の低さをさらに強調できる。


【 Nothing doing. 】
「絶対に嫌だ」

A: Would you help me with my homework?
  宿題、手伝ってくれない?
B: 【 Nothing doing. 】I have a date tonight.
  絶対に嫌。今夜はデートなの。
A: Come on! I need your help!
  頼むよ! 助けが必要なんだ!

◆相手の依頼をきっぱりと断るときのひとこと。間違えて Doing nothing. と言うと、「何もやっていない」という意味になってしまうので、注意が必要。
posted by 朝日出版社 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 会話が弾む魔法のフレーズ!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック