2020年10月26日

「類義語」の迷いを一気に解消!(47)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編15】

29.「〜の上に」 on vs. over

◆解説◆
on も over も「〜の上に」という意味の前置詞ですが、 きちんと違いを
理解して使い分けられているでしょうか。on は「接触」を表し、over は
「接触していない」状態を表します。

………………………………………………………………………………………

30.「結局」 after all vs. in the end

◆解説◆
after all は文末で使われ、「結局のところ」という意味を表します。結
果に至るまでに不安な気持ちがあった場合や、期待に反した場合などに用
いられるのが通例。ちなみに文頭で使われるときには、「そもそも」など
前文への理由や補足などを示す表現にもなります。 in the end は、単に
「結論」や「結果」を導くフレーズで、「最終的には」という意味です。
posted by 朝日出版社 at 12:41| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。