2020年09月16日

「類義語」の迷いを一気に解消!(32)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

Q. 各空所に入れるのに適切な方を選びなさい。

(32)「〜しなければならない」 have to vs. need to

A. You (have to / need to) go to medical school
  to become a doctor.
B. My roommate never cleans the kitchen, so I
always (have to / need to).
A. 医者になるには医学部に行かなければならない。
B. 僕のルームメートは全然キッチンを掃除してくれないので、
いつも僕がやらなければならないんだ。

■解答■
A. need to B. have to

★解説★
文脈によってhave toとneed toのどちらでも使える場合もあるが、使い分
けた方がいい場合もある。義務や強制ではなく、単に目標を達成するため
の要件の必要性を示して「〜しなければならない」と述べるときは、need
toが使われる。これに対して、なんらかの義務や責任によって「やらざる
を得ない」という場合は、have to が使われる。さらに、しばしば「嫌だ
けれども〜しなければならない」という含みを持つのも have to である。
posted by 朝日出版社 at 07:00| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。