2020年05月12日

文法のつまづきポイント 難敵「助動詞」を使いこなす!(34)


各助動詞の基本的な意味は把握していても、婉曲用法としての過去形would、could、mightや、be able toなど助動詞的なフレーズも加わると、それぞれに微妙なニュアンスや使い方があるため、思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。英語学習者にとって、助動詞を適切に使い分けるのは難問の一つです。そこで今回のシリーズは、ぜひ押さえておきたい「助動詞の勘所」を、クイズ形式で確認していきます。

Q34

下線部を訳しなさい。
A: Aren’t you coming to the library with us?
B: I wish I could.
A: あなたは、私たちと一緒に図書館に行かないのですか?
B:( )

■解答■
行けたらいいのですが……。

▼解説▼
I wish I could go with you, but I can’t.(一緒に行けたらいいのですが、実際は行けません)を省略したもの。ストレートに「行けい」と答えるのではなく、「行けたらいいのですが…」「本当は行きたいのですが…」というニュアンスなので、相手に与える印象が良くなる。同様の原理で、I disagree.(反対です)と答える代わりに、I wish I could agree.(賛成できたらいいのですが…)のように答えると、物腰がソフトになる効果がある。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。