2019年11月29日

ネイティブが誤解する! 言ってはいけないNG英語(12)


このシリーズでは、日本人が間違って使いがちな、「NG表現」を危険度別に紹介します。

K「医者に行く」

NG会話

A: I heard you left early yesterday.
B: Yeah, I had a headache, so I went to the hospital.
A: Oh, my! Are you OK? Is it serious?
A:「昨日は早退したんだってね」B:「そう、頭が痛かったから、総
合病院に行ったんだ」A:「それは大変! 大丈夫? 重症なの?」

■解説 go to the hospitalという言い方を耳にすると、ネイティブは「専門性の高い治療が必要だ」というニュアンスを感じることが多い。英語のhospitalは「総合病院」のことであるため、「手術や入院が必要だ」と思われてしまうのだ。風邪程度の軽症なら、以下のような言い方が自然。

go to see a doctor.

OK会話

A: I heard you left early yesterday.
B: Yeah, I had a headache, so I went to see a doctor.
A: Oh, that’s too bad. I hope you’re feeling better now.
A:「昨日は早退したんだってね」
B:「そう、頭が痛かったから、医者に行ったんだ」
A:「ああ、それはお気の毒に。今は少し良くなった?」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。