2019年07月19日

ネイティブとも議論できる! 意見が伝わる英語(66)


このシリーズでは、ネイティブと対等に議論するための「意見が伝わる英語」を紹介します。
取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
単なる「英会話」を卒業して、この機会に英語で意見や主張をきちんと伝えられるようになりましょう!!

● 社に持ち帰ることを伝える ●
今日のフレーズ:We need to take this back and discuss it in-house.

▼ 解説 ▼
in-houseは「組織内で、社内で」という意味。

◆例文◆
We need to take this back and discuss it inhouse. We’ll have an answer for you by this time tomorrow.
この件を持ち帰り、社内で検討する必要があります。明日のこの時間までには、お答えをご用意いたします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。