2018年08月03日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(24)


このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【会話の「終わらせ方」も大事】
名残惜しいが、時間がないことを伝える

◆解説◆
時間がないことを伝える場合、この例や、I need to attend a meeting.(会議に出なくては)など、何らかの理由を提示すると、相手も I guess I'd better let you go.(お引き止めしてもなんですので)と納得してくれるでしょう。なお、冒頭の Would you look at the time! は、時計を見ながら「あ、もうこんな時間!」と伝える表現です。

◆例文◆
A: Would you look at the time! I'd love to spend longer talking with you, but if I don't leave now, I'll miss my train.
B: Of course. It was very nice meeting you. Have a safe trip.
A: Thank you.
A: ああ、もうこんな時間!もっと話していたいのですが、もう行かないと電車に乗り遅れてしまうので。
B: どうぞどうぞ。お会いできてよかったです。お気をつけて。
A: ありがとうございます。

ee8月号.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。