2018年07月09日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(13)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【相手の話をうまく引き出す】
聞かれた質問をオウム返しする

◆解説◆
How about you? / What about you?(あなたはどうですか)は、相手の質問に答えたあと、そのまま「オウム返し」に同じことを質問するときの便利な表現です。相手はたいてい、自分が興味のあることを聞いてくるものなので、こんなふうにオウム返しすると、相手もノリノリで話してくれたりするもの。 And yourself? も、同様に使える便利な表現です。

◆例文◆
A: Do you play any kind of instrument?
B: Yeah-I can play some guitar. How about you?
A: I play piano in an amateur jazz band.
B: Impressive. Where can I see you play?
A: あなたは何か楽器を演奏しますか。
B: ええ、ギターが少し弾けます。あなたは?
A: アマチュアのジャズバンドでピアノを弾いているんですよ。
B: それは素晴らしい。どこであなたの演奏を見られますか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。