2018年06月13日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(2)


レストランでの注文や、ショッピング、空港やホテルなど、特定の場面別英会話なら、あるいは逆に、専門用語を使ったビジネストークならこなすことができるのに、「雑談」となると、何をどう話していいか見当がつかず、ぎくしゃくして話せなくなってしまう、という人は意外なほど多いです。
このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

【話のとっかかりをつくる】
「良いうわさを聞いている」と伝える

◆解説◆
ややフォーマルなパーティーなどでは、このような「おうわさはかねがね…」というパターンが役に立ちます。返答としてはほかに、I hope it's not all bad. や、ユーモラスに、It's all a bunch of lies. Don't believe it.(みんなうそっぱちですから、信じないで)などと返す手もあります。

◆例文◆
A: Hi. I'm Mark. It's nice to meet you.
B: Good to finally meet you, Mark. I'm Misaki. I've heard a lot about you.
A: All good, I hope.
B: Well, I'm told sales are way up thanks to you.
A: こんにちは、マークです。はじめまして。
B: ついにお会いできてうれしいです、マーク。私はミサキです。あなたのことは、おうわさをいろいろ聞いていますよ。
A: いいうわさばかりだといいのですが。
B: ええ、聞くところによると、あなたの力で売り上げが大幅にアップしたそうじゃないですか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。