2017年12月22日

使ってみたい名画の表現 『ローマの休日』でヘプバーンと英会話(18)



『ローマの休日』や『風と共に去りぬ』といった名作映画には、ネイティブがよく使う定番の会話表現がたくさん登場します。
このシリーズでは、決まり文句や名ゼリフを少し変えた表現まで、現代の自然な会話でも使えるものばかりをピックアップしてお届けします。

●『紳士は金髪がお好き』●

映画のあらすじ:
ローレライはお金持ちが大好きな金髪のショーガール。大富豪の御曹司ガスは、彼女にぞっこんでしたが、ガスの父親は結婚に大反対。親友ドロシーを巻き込み、フランス旅行や盗難事件などのドタバタを経て、最後はハッピーエンドに終わります。


◆シーン3◆
ドロシーは「金持ち」よりも「いい男」が好み。金持ちではないタイプの男性のキスを受け入れたドロシーのことを、ローレライは不思議に思っています。

Lorelei : Why did you just stand there and let him kiss you?
Dorothy : You wanna hear something crazy? I think I'm falling in love with that slob.
ローレライ: どうしてただじっと突っ立って、彼にキスを許したの?
ドロシー : 変なこと言ってもいい? あいつにほれちゃったみたいなの。

「おかしなことを言うようだけど……」「ちょっと変なことを言うけど……」のようなニュアンスの「前置き」の表現として、便利に活用してみましょう。

◆例文◆
A: Why does Mark let Lisa boss him around like that?
B: You wanna hear something crazy? I think he likes being told what to do all the time.
A: どうしてマークはリサにあんなふうにこき使われても平気なの?
B: おかしな話かもしれないけど、彼はいつだって、指図されることが好きなんだと思うよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。