2017年11月17日

使ってみたい名画の表現 『ローマの休日』でヘプバーンと英会話(3)



『ローマの休日』や『風と共に去りぬ』といった名作映画には、ネイティブがよく使う定番の会話表現がたくさん登場します。
このシリーズでは、決まり文句や名ゼリフを少し変えた表現まで、現代の自然な会話でも使えるものばかりをピックアップしてお届けします。

●『ローマの休日』●

映画のあらすじ:
欧州親善旅行でローマを訪れていた某国のアン王女。アメリカ人新聞記者ジョーによって保護されたアンは、ごく普通の女の子のように、2人でローマの街を散策します。最初は「特ダネ」としてアンを利用しようと考えていたジョーでしたが、2人はお互いに引かれ合っていきます。


◆シーン3◆
アン王女が「あなたの部屋で一晩過ごしたことを、学校の友達たちが知ったら、どう思うかしら」とジョーに尋ねる場面の会話です。

Joe: Well, I'll tell you what: you don't tell your folks and I won't tell mine.
Ann: It's a pact.
ジョー: じゃ、こうしよう。君は誰にも言わないし、僕も誰にも言わない。
アン: 約束ね。

pact は「条約」「協定」という意味の名詞ですが、カジュアルな会話などでは「約束」というニュアンスでもよく使います。make a pact with なら、「〜と契約を結ぶ」「〜と約束する」という意味になります。

◆例文◆
A: How about I take you to dinner this Saturday?
B: It's a pact. I'll even let you choose the restaurant.
A: 今週の土曜日、君を食事に連れて行くっていうのはどう?
B: 約束ね。レストランもあなたが選んでくれていいわよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。