2017年10月25日

会話でキラリと光る! ネイティブの心をつかむ「テッパン」表現(23)



このシリーズでは、
聖書やシェイクスピア作品に出てくる表現など、現代英語にも残る由緒正しい「定番表現」をご紹介します。「通好み」のクラシックな表現を覚えて、英語の表現力に磨きをかけましょう!

● スポーツの英語 ●
go to bat for
〜を援助する

◆解説◆
この bat は「バットで打つ」「打席に立つ」という意味の動詞。元は「〜に代わって打席に立つ」、つまり「〜の代打を引き受ける」ということですが、「〜を助ける、援助する」という意味の表現としてよく使います。

◆例文◆
A: You seem a bit stressed.
B: Yeah. Someone made a big mistake at work, and my supervisor tried to blame me.
A: Oh, no. It wasn't your fault, was it?
B: No, it wasn't. Luckily, the division manager went to bat for me, so I didn't get blamed.
A: 少しストレスがたまってるみたいね。
B: うん。仕事で誰かが大きなヘマをやらかしたんだけど、上司が僕のせいにしようとしたんだ。
A: それはひどい。あなたのせいじゃなかったんでしょ?
B: うん、僕のせいじゃない。幸い、部長が助け船を出してくれたから、おとがめを受けずに済んだけどね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。