2017年09月20日

会話でキラリと光る! ネイティブの心をつかむ「テッパン」表現(8)



このシリーズでは、
聖書やシェイクスピア作品に出てくる表現など、現代英語にも残る由緒正しい「定番表現」をご紹介します。「通好み」のクラシックな表現を覚えて、英語の表現力に磨きをかけましょう!

● 聖書の英語 ●
fall by the wayside
(途中で)挫折する
(出典:新約聖書 マルコ伝 4章4節)

◆解説◆
And when he sowed, some seeds fell by the wayside, and the fowls came and devoured them up.「(農家が)種をまくと、一部は道端にこぼれおち、鳥が来てそれらをみんな食べてしまった」という一節があります。そこから、fall by the wayside「道端に落ちる」という表現が、「目的や願いが成就しない」という意味を表すようになっています。

◆例文◆
A: What happened to the plans for expanding the store?
B: We got to the point of talking to the builders, but then everyone got busy with the new product line.
A: Do you know when you'll be working on the expansion again?
B: Not really. It's kind of fallen by the wayside.
A: 店舗拡張の計画はどうなったの?
B: 建築業者と打ち合わせをするところまでは進んだんだけど、みんな新製品のことで忙しくなってしまって。
A: いつになったらまた拡張の件に取り掛かるの?
B: さあね。頓挫してしまったような感じだね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。