2017年06月05日

世界の今をつかむ![2016年版]英語の新語(4)



このシリーズでは、
今までにはなかった英語の新語、トレンドワードをご紹介します。うまく自身のボキャブラリーに取り入れて、表現力をアップさせましょう!

● 社会 ●
institutional racism
制度的な人種差別

◆解説◆
個人の思想とは関係なく、公的機関などによって「制度に組み込まれた人種的排他主義」のこと。systemic racismとも呼ばれます。被差別人種の貧困問題や住宅問題などは、その象徴的な結果とされます。このような「制度化された差別」の撤廃を目指す運動が affirmative action(積極的差別是正措置、マイノリティー優遇措置)です。

◆例文◆
A: America has a black president now, so why are Americans still complaining about racism?
B: Well, first of all, the president is biracial. Second of all, the issue has more to do with institutional racism, which takes more than one election to change.
A: 今やアメリカには黒人大統領がいるっていうのに、まだ人種差別について不平をこぼす人がいるのはどうして?
B: うーん、まず第一に、大統領は黒人だけでなく白人の血も引いている。それに、この問題は制度的な人種差別の側面のほうが大きいから、たった1度の選挙では変わらないだろうね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450607173

この記事へのトラックバック