2016年10月17日

この擬態語、英語で何と言う?(25)



このシリーズでは、
「さくさくこなす」「きゅんきゅんする」など、習得すれば必ずスピーキングに役立つ擬態語・擬音語の英語表現を取り上げます。意外と知っている単語で言えてしまうことも。苦手意識を持たず、ひとつひとつ確認していきましょう!

● 人の動作・状態 ●
rub it in
ねちねち言う

◆解説◆
過去の誤った発言などをいつまでも忘れずに言ってくる様子を表す表現です。rub salt in a wound(傷口に塩を塗る)が由来です。

◆例文◆
A: I warned you not to play rugby at your age. It serves you right you've broken your arm.
B: Yeah, OK. There's no need to rub it in.
A: あなたの歳でラグビーはしないようにって言ったでしょ。腕を骨折したりなんかして、それみたことかって感じよね。
B: はい、はい。そんなねちねち言うことないじゃないか。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この擬態語、英語で何と言う? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック