2016年08月05日

十人十色! 性格を表す英語表現(55)



このシリーズでは、
「前向き」「内気」「まじめ」「ずぼら」など大きく9つにタイプ分けした「性格」に関する英語表現を取り上げます。あなたの周りにいる「○○な人」を頭に思い浮かべながら、ひとつひとつの形容詞が持つ意味とニュアンスを確認していきましょう。

● 総集編F 怒りっぽい・気分屋 ●

short-tempered
短気
A: It seems every time I see Beth she gets angry at something trivial.
B: Yeah−she's a bit short-tempered.
A: べスって、会うといつでも何かささいなことに怒るのよ。
B: そうなんだよ。少し短気なところがあるね。

irritable
すぐにイライラ
A: It's difficult to joke around with Mike.
B: That's because he's always so irritable. He doesn't have a sense of humor and he takes things too seriously.
A: マイクとはふざけたりしにくいんだ。
B: 彼、すごくイライラしやすいからよ。冗談が通じなくて、何でもまじめに受け止めるんだもの。

touchy
さわるな危険
A: How can you say that to me?
B: Don't be so touchy! I didn't mean to offend you.
A: よくもそんなことが私に言えるわね。
B: そんなに神経質になることないじゃないか! 別に悪気があったわけじゃないんだから。

high-strung
いつもピリピリ
A: Greg always looks nervous.
B: Well, he had a difficult childhood. It's left him pretty high-strung.
A: グレッグって、いつも神経質に見えるね。
B: まあ、彼ってつらい子ども時代を送ったのね。そのせいで、とってもピリピリしているのよ。

testy
なぜかカリカリ
A: John would be easier to get along with if he weren't so angry all the time.
B: Yes. He is very testy.
A: ジョンって、いつもあんなに不機嫌でなければ、もうちょっと仲良くできるのに。
B: そうだね。彼はたしかに怒りっぽいな。

temperamental
気分屋
A: It's always hard to predict what mood Sam will be in.
B: Yeah−he's very temperamental.
A: サムの機嫌を予測するのは、いつだって至難の業だよ。
B: ええ――彼って、相当な気分屋ですもの。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 十人十色! 性格を表す英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック