2016年07月25日

十人十色! 性格を表す英語表現(50)



このシリーズでは、
「前向き」「内気」「まじめ」「ずぼら」など大きく9つにタイプ分けした「性格」に関する英語表現を取り上げます。あなたの周りにいる「○○な人」を頭に思い浮かべながら、ひとつひとつの形容詞が持つ意味とニュアンスを確認していきましょう。

● 総集編A 内気・ネガティブ・神経質 ●

shy and reserved
おとなしい恥ずかしがり屋さん
A: Bill never speaks up in our meetings. Doesn't he like the job?
B: I don't think that's it. He's just shy and reserved and finds it hard to express himself.
A: ビルは会議で全然発言しないわね。この仕事が嫌いなのかしら。
B: そういうことじゃないと思う。ただ内気で控えめな性格だから、自分を表現するのが苦手なんだよ。

insecure
私、嫌われてる? どうせ私なんか…
A: April is very difficult to be around.
B: I know what you mean. I keep thinking I'm going to hurt her feelings, because she's so insecure.
A: エイプリルは一緒にいるといろいろと面倒くさいよね。
B: わかるわ。彼女の気持ちを傷つけてるんじゃないかっていつも気を使うの。彼女、自分に自信がないから。

pessimistic
どうせダメさ…ネガティブ思考タイプ
A: I don't see myself becoming fluent in English no matter how hard I study.
B: You never think about things positively. Your main problem is you're pessimistic.
A: どんなに一生懸命勉強しても、僕が英語がペラペラになるとは思えないな。
B: あなたは物事を全然前向きに考えないのね。あなたの一番の問題は、考え方がネガティブだってことよ。

gloomy
覇気のないネクラタイプ
A: Is he sad about something, or is he always like this?
B: Don't worry−he's fine. He's just a gloomy person.
A: 彼、何か悲しいことでもあったの? それとも、いつもあんな感じ?
B: 心配しなくても大丈夫。ネクラなだけさ。

sensitive
傷つきやすく、神経質。よく言えば感受性が豊か
A: I don't like it when you joke about my hometown.
B: Don't be so sensitive! It's just a joke.
A: 生まれ故郷のことをジョークのネタにされるのは嫌なの。
B: そんなに神経質になるなって! ただの冗談だって。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 十人十色! 性格を表す英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440398701

この記事へのトラックバック