2015年09月21日

発信力を強化する! 喜怒哀楽表現(22)




このシリーズでは、
ネイティブスピーカーがよく使うさまざまな感情表現を紹介します。英語は非常に感情表現が豊かな言語であり、喜怒哀楽に関する表現が多彩です。バラエティーに富んだ喜怒哀楽の表現を理解し、「心の機微」をうまく英語で伝えることを目指しましょう!

● 怒 ●
「多少怒っている」

bothered

悩まされて

◆解説◆
Don't bother me.(私に構わないで)のように、bother は「わざわざ誰かを構う」という意味です。その過去分詞形の bothered は「余計なことをされてイライラさせられている」というニュアンスがあります。

◆例文1◆
Actually, I'm quite bothered by his impudent his behavior.
実際のところ、彼の生意気な振る舞いには、結構イライラしている。

◆例文2◆
She got hot and bothered when the engine wouldn't start.
エンジンがかからなかったので、彼女は腹を立てた。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発信力を強化する! 喜怒哀楽表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック