2015年08月17日

発信力を強化する! 喜怒哀楽表現(6)



このシリーズでは、
ネイティブスピーカーがよく使うさまざまな感情表現を紹介します。英語は非常に感情表現が豊かな言語であり、喜怒哀楽に関する表現が多彩です。バラエティーに富んだ喜怒哀楽の表現を理解し、「心の機微」をうまく英語で伝えることを目指しましょう!

● 喜 ●
「うれしい」

happy

うれしい

◆解説◆
「喜び」を表す最も標準的な形容詞ですが、それほど大きな喜びを表さない場合もあるので注意しましょう。例えば Are you happy with that? なら、「それで満足なの?」という意味であり、「うれしい」というよりも「不満はない」というぐらいのニュアンスになります。

◆例文1◆
I'm so happy I could cry.
あんまり幸せなんで、泣いちゃいそうです。

◆例文2◆
I couldn't be happier.
最高に幸せです。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発信力を強化する! 喜怒哀楽表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック