2015年05月06日

使える! 食事・料理の表現(7)



このシリーズでは、
「食べ方」「食感」「味覚」といった食事や料理にまつわる表現をご紹介します。言葉のレパートリーを増やして細かいニュアンスまで伝えることができるようになりましょう!

● 食べ方・飲み方 ●


have a bite / take a bite

一口食べる

◆解説◆
「一口食べる」は、have a bite または take a bite と言います。イギリス英語、オーストラリア英語では have a bite、アメリカ英語では take a bite と言うのが一般的です。Let me have a bite. で「味見させて」(=Let me taste it.)という意味になります。似た形の grab a bite(=grab a bite to eat)は「軽く食事をする、食事をサッと済ませる」の意味です。

◆例文◆
I just baked this cake. I know I should have waited till it cooled down a bit, but I had a bite anyway.
さっき、このケーキを焼きました。少し冷めるまで待ったほうがよかったけど、一口味見しちゃった。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 使える! 食事・料理の表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418078107

この記事へのトラックバック

「リスニングを倍速で聞けば、ネイティブの発音ですら遅く感じる」という現象が起こる
Excerpt: 「リスニングを倍速で聞けば、ネイティブの発音ですら遅く感じる」という現象について お話したいと思います。 リスニングを理解できない、という問題でよくあるのは、 「ネイティブの話すのが速すぎて..
Weblog: 英語、学習法、スピーキング、日々鍛錬。
Tracked: 2015-05-18 04:52