2015年01月07日

会話が「うまく」なる!「食べ物」イディオム(8)



このシリーズでは、
英語の食べ物イディオムの中から、ネイティブがよく使う表現を厳選してご紹介します。日常会話が「うまく」なることはもちろんのこと、洋書を読んだり映画を観たり、CNNニュースを聴くときにも役立ちます!

●「乳製品」編●

butter up.../butter...up

…におべっかを言う


◆解説◆
「自分の目的を果たすため、自分を支持してもらうため」などに、おべっかを言う場合に使われる表現です。昔、インド人が神に願いごとをする際に、バターで作ったボールを神の彫像に向かって投げたことに由来するという説や、チベット人が新年の彫像をバターで作って、その年の幸運を祈ったことに由来するという説があります。


◆会話例◆
A: I can’t believe your boss let you have two days off to go to a rock festival!
ロックフェスティバルに行くのに、あなたの上司が2日間も休みを取らせてくれたなんて信じられない!

B: Well, I buttered him up first by saying how great all the staff think his training sessions are.
実は、初めに上司におべっかを言ったんだ。彼の研修をスタッフ全員が素晴らしいと思っている、ってね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック