2014年12月15日

会話が「うまく」なる!「食べ物」イディオム(1)



このシリーズでは、
英語の食べ物イディオムの中から、ネイティブがよく使う表現を厳選してご紹介します。日常会話が「うまく」なることはもちろんのこと、洋書を読んだ入り映画を観たり、CNNニュースを聴くときにも役立ちます!

●「野菜」編●

carrot and stick

アメとムチ


◆解説◆
ロバなどの動物に荷車を引かせるのに、ほうびとして目の前に「ニンジン(carrot)」をちらつかせ、動かないときには「棒(sticks)」でたたくことにちなんでいます。


◆会話例◆
A: My company uses the carrot-and-stick approach: great bonuses when you do well but a pink slip if you have a couple of bad months.
うちの会社は「アメとムチ方式」だよ。好成績を上げれば、たっぷりボーナス。でも、2、3カ月ダメなら首だ。

B: Yeah, well, the financial industry is like that.
そうね、まあ、金融業界はそんな感じよね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック