2014年11月21日

日常生活でもビジネスでも使える! 身近な「お金」の慣用表現(27)



このシリーズでは、
「財布のひもを握る」や「収支がとんとんになる」など、いざ英語言ってみようとするとなかなか言えない、お金に関する表現をご紹介します。
ネイティブがよく使う「お金の慣用表現」を、会話文とともに、身につけましょう!

●「ことわざ」編●

A fool and his money are soon parted.

愚か者の金はすぐにその手を離れる


◆解説◆
「愚か者とお金はすぐに別れ別れになる」が直訳です。「よく考えないでお金を使うと、すぐになくなってしまう」ということを意味しています。


◆会話例◆
A: Tom won millions in that lottery, but he still went bankrupt.
トムはあのときの宝くじで数百万ドルを当てたのに、それでも破産しちゃったわね。

B: Well, as the saying goes, a fool and his money are soon parted.
ほら、ことわざにあるじゃないか、「愚か者の金はすぐにその手を離れる」ってね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック