2014年05月28日

知っておけば安心!英語で伝える「カラダの症状」(10)



このシリーズでは、旅行や出張などで体調を崩したり、ネイティブの友人や同僚との会話で体調を崩したことを伝えなければならないときに使える表現を「痛み」「風邪の症状」「体の不調」「けが」に分類していご紹介します。
きちんと自分の症状を英語で説明できるようになりましょう!

●「風邪の症状」を伝える●

@I've had a fever since yesterday.

昨日から熱があります



AI have a fever of 101.

熱が101度あります


◆解説◆

アメリカでは「カ氏」(Fahrenheit)での表記が一般的です。101(°F)はおよそ38.3°Cになります。セ氏で体温を伝える際は、38.3 degrees Celsius などと言えば確実に相手に伝わります。



◆会話例◆
A: So, what's troubling you?
どうされましたか。

B:I think I've caught a cold. I've had a fever since yesterday.
風邪をひいたみたいなんです。昨日から熱があって……。

A: I see. What was your temperature this morning?
わかりました。今朝は何度ありましたか。

B: It was 38.2 just before I left the house.
家を出る直前は38.2度でした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック