2014年05月19日

知っておけば安心!英語で伝える「カラダの症状」(6)



このシリーズでは、旅行や出張などで体調を崩したり、ネイティブの友人や同僚との会話で体調を崩したことを伝えなければならないときに使える表現を「痛み」「風邪の症状」「体の不調」「けが」に分類していご紹介します。
きちんと自分の症状を英語で説明できるようになりましょう!

●「痛み」を伝える●

@I have a toothache.

歯が痛い



AI have an earache.

耳が痛い



BI have a backache.

腰が痛い

◆解説◆

「腰が痛い」と言う場合、英語では waist ではなく back を用います。back は日本語の「背中」よりも、より広い範囲を指します。「腰」だと明確に伝えたい場合は、I have lower back pain.と言います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック