2014年02月07日

状況・相手に合わせた話し方のスタイルをマスター!(39)


このシリーズでは、
さまざまな状況に合わせた話し方をご紹介します。
日常会話で役立つカジュアルな話し方、ビジネスで求められる丁寧な話し方、映画で使われるおしゃれで知的な話し方など、その場に合ったスタイルの英語を使い分けられるようになりましょう!

●慎重な話し方●

We're in kind of a hurry.
急いでほしいのですが。

◇普通の言い方◇

Please do it quickly.

◆解説◆

ダイレクトな言い方にならないように、命令文を避けたほうが慎重なスタイルといえます。kind of(ちょっと)を入れるのもポイントです。

◆会話例◆
A: Could we get the check now. We're in kind of a hurry.
伝票をお願いできますか。ちょっと急いでいるもので。

B:Oh, sorry about that. I'll bring it right away.
申し訳ございません。すぐにお持ちします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387491991

この記事へのトラックバック