2014年02月05日

状況・相手に合わせた話し方のスタイルをマスター!(38)


このシリーズでは、
さまざまな状況に合わせた話し方をご紹介します。
日常会話で役立つカジュアルな話し方、ビジネスで求められる丁寧な話し方、映画で使われるおしゃれで知的な話し方など、その場に合ったスタイルの英語を使い分けられるようになりましょう!

●慎重な話し方●

That should do it for now.
それで大丈夫でしょう。

◇普通の言い方◇

That should do it.

◆解説◆

for now(今のところ)を入れて限定することで断定を避けるニュアンスが加わるため、語調がかなり柔らかくなります。

◆会話例◆
A: I replaced your tire.That should do it for now.
タイヤを交換しておきました。とりあえずはこれで大丈夫でしょう。

B:Thank you so much. I would've been stranded here if you hadn't helped.
どうもありがとうございます。あなたが助けてくれなかったら、ここで立ち往生していたところです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387201321

この記事へのトラックバック