2014年02月03日

状況・相手に合わせた話し方のスタイルをマスター!(37)


このシリーズでは、
さまざまな状況に合わせた話し方をご紹介します。
日常会話で役立つカジュアルな話し方、ビジネスで求められる丁寧な話し方、映画で使われるおしゃれで知的な話し方など、その場に合ったスタイルの英語を使い分けられるようになりましょう!

●慎重な話し方●

I could be wrong, but I think...
…ではありませんか

◇普通の言い方◇

I think...

◆解説◆

「間違いかもしれないけれど…」と前置きを入れることで、相手の感情に配慮した言い方になります。

◆会話例◆
A: I could be wrong, Professor, but I think we're supposed to start chapter 11 today.
私の勘違いかもしれませんが、先生、今日は11章からではありませんか。

B:Oh, right. I was confusing you with my other class.
ああ、そうでした。ほかのクラスと間違えてましたね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック