2014年01月17日

状況・相手に合わせた話し方のスタイルをマスター!(30)



このシリーズでは、
さまざまな状況に合わせた話し方をご紹介します。
日常会話で役立つカジュアルな話し方、ビジネスで求められる丁寧な話し方、映画で使われるおしゃれで知的な話し方など、その場に合ったスタイルの英語を使い分けられるようになりましょう!

●知的な話し方●

That doesn't seem feasible.
そんなことはできないと思います。

◇普通の言い方◇

I don't think that's possible.

◆解説◆

主語に I を使わずに That で言い換えた例で、こうすることで客観的な視点や冷静な判断というニュアンスが加わり、知的な感じが出ます。また、feasible という語も、possible に比べ知的な響きがあります。

◆会話例◆
A: We need to finish this within a week.
これを1週間以内に終わらせる必要があります。

B:That just doesn't seem feasible.
とても実現可能とは思えませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック