2013年12月16日

状況・相手に合わせた話し方のスタイルをマスター!(19)





このシリーズでは、
さまざまな状況に合わせた話し方をご紹介します。
日常会話で役立つカジュアルな話し方、ビジネスで求められる丁寧な話し方、映画で使われるおしゃれで知的な話し方など、その場に合ったスタイルの英語を使い分けられるようになりましょう!

●丁寧な話し方●

I'd better let you go.
もう失礼しないと

◇普通の言い方◇

I've got to go.

◆解説◆

電話を切るときなどに用います。自分が「もう行かないと」と言う代わりに、「あなたをこれ以上とどめておくのは悪いので…」と言い換えている表現です。

◆会話例◆
A: Well, I'd better let you go.
さて、もう失礼しないと。
B:All right. Call me if you need anything else.
そうですね。また何かあったら、電話してくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック