2012年09月17日

「副詞」で差をつける! イキイキ英会話のコツ(31)



このシリーズでは、
ナチュラルでいきいきとした英会話に必要不可欠な副詞をご紹介します。
ネイティブライクな表現を目指しましょう!


●ビジネス・議論で使う副詞●

Nevertheless, ...
→「とはいえ…、しかしながら…」


■解説
nevertheless は、前に述べたことを事実として認めながらも、それに反することに言及する場面で使用する副詞です。
日本語の「とはいえ…」「そうだけれども…」「しかしながら…」などにあたる言葉と考えれば理解しやすいです。
however と同義の言葉です。
We, nevertheless, are strongly opposed to your opinion.(私たちはそれでもなお、あなたの意見に大反対だ)
のように、文中に挿入する形でも使えます。

■会話例1
It is true that modern technology has made our lives more convenient.
Nevertheless, can we really argue that people are less busy today than they ever were before?

近代の技術が人間の生活をより便利にしたのは確かだ。とはいえ、人間は以前よりも忙しくなくなったと言えるだろうか。

■会話例2
A: I told you I would be out late playing with my friends, so what's the big deal?
友達と遊ぶから帰りは遅くなるって言ったじゃない。何がいけないのよ?
B: True, you told me.
Nevertheless, you also told me you would finish your homework before dinner, and you haven't!

確かに言ったよ。
それはそうだが、夕食までに宿題を済ませるとも言ったのに、済ませてないじゃないか!





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。