2012年08月08日

「副詞」で差をつける! イキイキ英会話のコツ(17)



このシリーズでは、
ナチュラルでいきいきとした英会話に必要不可欠な副詞をご紹介します。
ネイティブライクな表現を目指しましょう!


●日本語ニュアンスそのままで使える副詞●

Apparently
→「〜っぽい」


■apparently は「見た目から判断すると〜だ」「見たところ〜らしい」という意味の副詞ですが、
日本語にちょっと訳しにくいところもあります。
しかし、最近、日本語でよく使う「どうも〜っぽい」という言い回しとほぼ同じニュアンスが出せると考えると、スッキリ理解できるでしょう。
■会話例1
Apparently, the weather report was wrong, and we're going to have good weather.
天気予報はどうも外れっぽいね。いい天気になりそうだよ。

■次の会話例のように、「どうも〜っぽいな」と批判を含んだ口調でも使えます。
■会話例2
A: Apparently, the group didn't get my message about working as a team!
どうやら、あのグループは、チームで動くようにっていう私のメッセージを無視してるぽいわ!
B: It seems so. What do you think we should do now?
そのようですね。どうしましょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック