2012年08月01日

「副詞」で差をつける! イキイキ英会話のコツ(14)



このシリーズでは、
ナチュラルでいきいきとした英会話に必要不可欠な副詞をご紹介します。
ネイティブライクな表現を目指しましょう!


●副詞を使った返事の表現●

Not nearly!
→「全然!」


■解説
nearly は接近性を表し、「ほぼ」「ほとんど」といった意味なので、これに not をつけて短い返事として用いた場合、「それほど」という意味になると思うかもしれません。
しかし、Not nearly は「近くなどない」=「ほど遠い」「全然」といった意味になるので注意が必要です。
Hardly! とほぼ同じニュアンスで「全然」という意味になります。


■会話例
A: Was he as handsome as he looked in the photo?
彼って、写真と同じくらいハンサムだったかい?

B: Not nearly!
全然!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック